旅行・地域

2020年9月12日 (土)

りんごだよ。

Imgp1387
今日は未希ライフを買ってきたよ、の青森りんご。
はじめてだから楽しみだね。

2020年9月 9日 (水)

りんごのある暮らし

Imgp1045
そんなしかちゃんは毎日1個、りんごですよ。
はじめは極早生の恋空りんご。

Imgp1111
次がおなじみ、サンつがる。

Imgp1224
昨日まではきおうを食べて。

Imgp1276
今日からもう一回、恋空を。
時期がちょっと外れてきたから柔らかめ。
でも好きな味だな、これ。

もう少ししたら弘前ふじやときもくる、かな。

というわけで青森産のりんごの季節。
青森行って食べたいなぁ。

Imgp0874
冷蔵庫にラップにくるんで大事に取ってある
ふじの大玉、そろそろ食べちゃおう、かな。

2020年8月15日 (土)

「FOURs」

Imgp1008
毎日暑い8月、今日は休み。
音楽を聞こうと、車に乗りこみ市内ドライブ。

大きな音量で音楽を聞くのは実は車のなかが最適で
ヘッドホンなしで周りもあまり気にならないし、
実際に走っているのでドライブ感もあってまぁいいね。

今日はringomusumeの「FOURs」。
(小文字のsは実は上寄せ。どないせーちゅうねん)
2019年3月リリースのアルバムです。

ここ3年ほどはなんだか青森が気にいって機会があるたび、
いや違うな、機会を作って訪れていたけれど
今はこんなで、今年は2月以来行けていない。
本当は5月にりんごの花を見に行きたかったけど。

そんなフラストレーションのなか、
やっぱり行きたい思いもあって
青森の情報をネットを見ているうちに
ringomusumeを目にする機会が増えて、
もちろんいままでも知ってはいたけれど
きちんと押さえていなかったわけで。
当方、そうとうおっさんでもあるわけだし、うん。

ただ、ちゃんと受け止めてみると相当いい。
楽曲もダンスもいいけれど、メンバーの懸命さがいい。
なにより自分たちとりんごを通して青森を盛り上げようとする
その想いがとてもとても伝わるのです。
この調子で書いて行くとアルバムの話にたどり着かないので
それはさてさておきおき
(後日、書きます。どこに魅かれたのか、その魅力は)

というわけで「FOURs」です。
去年のアルバムなので今更ですが、僕が手にしたのは今月なので。

1曲目はインストルメンタルでゆっくりとした始まり。
時を刻む鐘のようなリズムと加わっていくメロディ、
雪解け?明るい日差しを予感させる曲。

2曲目は「101回目の桜」。この曲は通しできちんと聞いた初めての曲。
公式YouTubeのMV。去年は弘前の桜を見に行った分、とても印象深い。
…言葉で説明できません。MVをみて感動してください。
(すでに今日の記事は成り立たないなぁ、言葉で説明できないもの)

3曲目に「1625」。これは公式YouTubeにはアップがないのでこのアルバムで
しっかり聞いたのだけれど、とても好き。曲調も歌詞もいい。
僕みたいに観光で何回か岩木山を見ている程度の者にも
津軽の人が岩木山に持っている想いが伝わる1曲。情景がリアルに思い浮かぶ。
ぜひ大音量で周りを気にせず聞いてもらいたい。

4曲目は「JET GIRL」。「1625」からの連続はずるい。
春から遅めの初夏、そして一気にくる短い夏。そのドライブ感。
ちなみにMVを見てしまうと高確率でringomusumeに惚れてしまいますので
覚悟のある方だけ見てください。ぜひ見ましょう。

もうここまででこのアルバムは素晴らしい。
それぞれの楽曲もいいけれど、このアルバムとしてのまとまりが
1曲1曲にさらに意味を持たせています。

5曲目は「夏ノ蜜柑」。ここでちょっとしんみり感のある曲。
後半に向けていったんちょっと切ないラブソング。
(でいいのかな)

6曲目に「リンゴのうた」。一気にかわいい感じの曲がここで入る。
それまでのちょっと大人びた感じからは変化するのだけれど
この曲もとても好き。合唱曲として広く小学校で歌うといい。
大人も子供もみんないっしょに歌うといい、そんな曲。
夏が終わり、りんごの収穫が始まるその喜びを表現していると
そう思っている。そしてりんごに模して青森から世界へ発信してきた
ringomusumeとリンゴミュージックを合わせて映している、そう思っている。

7曲目は「Ringo disco」。さらにガラッと変わりものすごく背伸びした感じの曲。
でも嫌いじゃない。メロディアスでリズムカルでパワフル。曲として完成度が高い、
そしてそれを力負けすることなく歌いきっている。ringomusumeの実力発揮の1曲。
この曲は国内1位の生産量を誇る青森産りんごの収穫祭だと思っている。
たくさんたくさん実ったりんご達のよろこびのダンス。

8曲目は「snow snow snow」。冬です。長い青森の冬を1曲にまとましたね。
冬のりんご畑はまぁ雪のなかだと思います。雪の12月に岩木山神社から高照神社まで
歩いて行ったのを思いだしますなぁ、大変だった。←まったく関係のない話。
かわいい感じの曲調で「Ringo disco」をリセット。次の春に備えます。
というか、この曲はかわいいにもほどがある。聞けば聞くほどかわいい。
若い時に出会ったら惚れちゃうやつです。いや、おっさんでも惚れる。

9曲目はタイトルチューンでもある「FOURs」。
アルバムタイトルは四季でもあり、ringomusumeの4人も合わせて表している。
この曲はまさにメンバー4人とそこにつながるすべてをうたった1曲。
そう言った意味で他の曲と違い、今の4人のためだけに作られた曲、そう思う。
それ以外の曲はメンバーが変わっていっても歌い継がれるけれど、
この曲だけは今の「とき・王林・J・彩香」の4人で歌ってはじめて意味がある、そんな曲。
そしてringomusumeはこの歌に表される絆を自分たち4人だけではなく、
関わりのあるすべてのみんなとの絆、それを歌った曲としてさらに昇華させた。

このアルバムのほぼすべて作詞作曲は多田慎也氏だがこの曲もそう。
まるでringomusumeそのもののようなこの作詞を彼がひとりで作り上げたとすれば
その一体感はもはや彼もふくめて「RIGOMUSUME」という一つのチームなのだと思う。

多田氏は他の場所で
「(自分は)1000曲の曲を作りたい。そのうち1つでも2つでも
いろんな世代のみんなが知っている、歌える、そんな曲を作りたい。
そしてできればりんご娘とその夢をかなえたい」
そう言っていた(意訳してます。一言一句同じではないです)。

そう言わせる力がrigomusumeにはある。
それは20年続いて受け継いできた想いと
そのベースにある樋川社長のコンセプトが根付いて
今の4人に力を与えている、そう思うのです。
多田氏だけでなく、その他の多くの方がringomusumeに引き付けられ
その構成になりさらにパワーアップする。
だからこそ、見ている僕たちも引き込まれて元気をもらう。うん。

10曲目はおまけです。でも相当いいおまけ。可能性を感じる曲です。

さて、アルバムの話を書こうと思っていたけれど
それ以外のことも書いてしまったので長くなりました。
し、ちょっと中途半端にもなったのでもうちょっとちゃんと書きたいとも思っています。

結論:アルバム「FOURs」買って損なし。一家に1枚備えましょう。
保存用にもう1枚、買おうかな。

Imgp1014
というわけで今日のお昼もringomusumeカラーで冷やし中華。
ここは静岡だもんで、真ん中はみかんにしてみたよ。

あぁ青森にまた旅行、行きたいなぁ。
11月には行けるかなぁ。

#ringomusume
#famertime
#fours

2020年8月12日 (水)

rakraが来たよ。

Imgp0906_20200812162801
いつもは東京に行ったときに八重洲ブックセンタ―で
買ってくるrakra、今回はラクラのHPから通販で。

青森に行きたいなぁと初めに思った2017年、
ちょうど食堂特集の5・6月号(あぁ、ラクラは隔月発行です)で
原食堂さんのカツ丼が載っていて、それがとても美味しそうで。
もしrakraを手にしていなかったら青森の旅は1回で終わっていたかも。

Imgp0907_20200812162801

思えば2019年度は52週のうち延べ2週分、青森にいたけれど
まだまだ知らない面白そうな場所、おいしそうなもの、
行ってみたいところ、いっぱいあるなぁ。

Imgp0908_20200812162801
青森、岩手、秋田の3県にまたがる情報誌だけれど
これだけ上質は雑誌は全国をみてもなかなかないと思う。
きれいな写真と見やすくセンスのいいレイアウト、
つぼを押さえた特集と広告のすくない記事。

年6回の発行で101号を迎えたこの雑誌が
質を落としたり、変に軽薄なったりせず
しっかり紡ぎ出されている、ということに
北東北の底力というかその魅力を感じるのです。

というわけで、また旅行に行きたいなぁ。
行けるといいなぁ。

Dscf4868
これが当時しかちゃんが見ていた原食堂さんのカツ丼。
原食堂さんはもう2年くらい行けてないなぁ。
また行きたいなぁ。
ちなみに僕がホテル青森を選んだ理由のひとつは
原食堂さんまで歩いて行ける場所、だからです。
うん、正解。

Dscf5558
これこれ、間違いないやつ。

なんて話をringomusumeの「FOURs」を聞きながら。
ますます行きたくなっちゃうね。

2020年8月 1日 (土)

冷やし中華と

Imgp0750
そんな今日のお昼は今年初めての冷やし中華。
梅雨明けしたしね。

Imgp0746
Imgp0745
去年買っておいた(賞味期限は切れてるけれど)スープと
具材を用意して、乾麺はインスタントじゃないから7分茹でて
お皿に盛りつけて出来上がり。

トマトに玉子焼きにきゅうりにハム。
RINGOMUSUMEの色にしてみたよ。

今年は2月に青森行って、
次は5月に行きたいな、なんと思っていたけど
こんな世の中なのでまったく旅行も行けなくて
ネットで青森の情報を見ながら「行きたいなぁ」なんて
思っていたけどそんな中にりんご娘のMVがあって
これが弘前の景色がとても綺麗に入っていて
「あぁ、知ってる。ここ、いいなぁ」なんて見ていたら
がんばっているりんご娘もなんだか気になって
よけい青森、行きたいなぁ。

青森のいい所は、
水がよくて、食べ物がおいしくて、
静岡からほどよく遠くて旅行感があって
おいしい食堂がたくさんあって、
水族館があって、りんご公園があって、お城があって
岩木山があって、連絡船があって、市場があって
観光客慣れしているけれどほどよい距離感で接してくれる。

うん、要するにそこにいるだけで居心地がいい。
もちろんそれは観光で行く身での話で
実際に暮らせばまた違うのだと思うけれど、
いろんな季節に行きたくなる、僕に取ってはそんな場所。
りんご娘もいるからね。

Imgp0748
というわけで、今日の冷やし中華は
RINGOMUSUMEカラーの盛り付けです。
おいしくおいしくいただきました。

アウガの丸青食堂でカレーライス、食べたいなぁ。
秋には行けるかなぁ、行けるような世の中になるといいなぁ。

2020年2月16日 (日)

備忘録:2月の旅

Dscf0146
さて、何処へ行ったかぐらいは書いておこう。

Dscf0162
Dscf0169
Dscf0187
1日目は青森ついてモーリーの電車で浅虫水族館。

Dscf0257
Dscf0282
Dscf0303
Dscf0312
2日目は弘前。弘前八幡宮まで駅から歩いて行って
そのまま歩いてお城まで。

Dscf0450
Dscf0472
Dscf0489
Dscf0534
Dscf0587
3日目は五所川原から金木まで。
8回目の青森訪問ではじめての場所。

Dscf0763
Dscf0817
Dscf0861
Dscf0878
Dscf0893
4日目は青函トンネル通って函館へ。初北海道。

Dscf0969
Dscf1004
Dscf1023
5日目は平和公園と棟方志功記念館。
善知鳥神社へもごあいさつ。

そんな感じの5日間。
まだまだ行きたいところがあるし、
また行きたいところもたくさんあるなぁ津軽には。
春には櫻かりんごの花を見に行きたいね。
Dscf1069

2020年2月13日 (木)

ご飯で綴る旅日記

Dscf0116
(いつもながら)写真がたくさんありすぎてまとまらないので
とりあえず、ご飯で綴る旅日記。

1日目の朝ごはんはグランクラスの軽食で。
いわしが2種類とかずのこさん、
これくらいの量で十分ですよ。

Dscf0122
なんて言いながらおやつのおかき。けっこう美味しい。

Dscf0151
お昼ごはんはおなじみ?はれやま食堂でカツカレー。

Dscf0209
晩ごはんは重慶で回鍋肉を定食で。
おいしい。すごくおいしい。スープもおいしい。
また行こう。

Dscf0225
2日目の朝ごはん。けの汁がやさしい味でおいしい。
サラダにいつもあった長芋がなくてちょっと残念。

Dscf0301
お昼ごはんはみんぱいで油淋鶏定食。
弘前駅からけっこうな雪のなかをりくりく歩いて行ってきた。

Dscf0354
晩ごはんはアスパムのにしむらでじゃっぱ汁と白子の天ぷら。

Dscf0377
3日目朝ごはん。カレーを見つけていただきます。

Dscf0399
そして2回目の朝ごはん。古川市場でのっけ丼。
今の時期だけのほたてのたまご(卵巣)もおさしみで。

Dscf0640
遅めのお昼ごはんは亀乃屋さんで天中華。
ほたてのかき揚げは珍しいなぁ。

Dscf0674
晩ごはんは若生おにぎりのお弁当。
Dscf0679
Dscf0687
評判の煮玉子とおやつに最中もいただきます。

Dscf0695
4日目は早く出発するもんで簡単に。
実はパンもおいしいのです。

Dscf0800
早めのお昼ははこだて自由市場の食堂でイカ刺し定食。

Dscf0884
遅めのお昼(2回目)はハセストのやきとり丼。

Dscf0912
晩ごはんはみかどの駅弁、北の家族弁当いただきます。
思っていたとおり、おいしいお弁当。
にしんに数の子、鮭にほたてにいかしゅうまい。
すじこに昆布巻き、おじゃがのコロッケ。
いろんなおかずに北海道らしさもあっていいお弁当。

Dscf0936
5日目の朝ごはんはいろいろもらってごちそうですよ。
ようやく長芋サラダの登場です。

Dscf1017
お昼ごはんはアウガの青丸食堂でカレーライス。
海鮮丼の市場の食堂だけど実は人気のカレーです。
青森駅周辺で1食だけ選ぶとすれば、これ。
まちがいない。

Dscf1075
晩ごはんは新幹線の車内でお弁当。
中身は東海道新幹線弁当だけど今だけ700系の記念です。

Dscf1086
家に帰ってきてから笹餅を。
お餅とあんこをいっしょにこねて蒸し上げる、
やさしい味と食感でおいしいお餅。

そんな5日間、旅ごはん。
食堂、お弁当めぐりの旅日記。
今回もいろいろおいしく頂きました、ごちそうさま。

2020年2月11日 (火)

無事帰宅

Dscf1093
おっさん一人旅の雪見遠足から、無事帰宅。
増えた体重は1.4㎏で想定以下、うん。

旅日記はまた明日。

2019年12月22日 (日)

すじこでご飯の旅日記

Dscf9508
白いごはんに「虹のマート」で買ってきたすじこをON。
雑味がなくておいしいね。

ということでこっそり先週あおもりへ
一泊二日のお買い物にしかちゃんと。

写真をつなげてダイジェスト。

 **********

Dscf9187
Dscf9195
Dscf9205
東京駅でミックス天のおそばを食べて、
いつものみどりの新幹線で
やってきたのは弘前ですよ。
(注:新幹線は弘前には行きませんっ)

駅前ポストでいつもの通り、記念撮影のしかちゃんです。

Dscf9212
いつも楽しみ虹のマートでお買い物。
すじこを買って、焼き鳥買って、お惣菜。

Dscf9220
Dscf9219
Dscf9217
お昼はちょっと歩いて三忠食堂でカレーライス。
昔風の食堂カレーは好きだなぁ。
(しかちゃん、これがストーブですよ)

Dscf9224
Dscf9240
調子にのってりくりく歩いてお城まで。
いままでと違うはじめての道はたのしいね。
博物館に寄ったらもう夕方近くで、たか丸くんにもごあいさつ。

Dscf9252
Dscf9261
Dscf9268
青森にもどって、大きなツリーを眺めて
りくりく歩いてホテルまで。
ホテルのなかもクリスマス、だね。

Dscf9280
Dscf9274
Dscf9281
Dscf9290
昼間にいろいろ買ったご飯とおかずを
お皿に盛って晩ごはん。
虹のマートのシールも今日はたくさんもらったね。

Dscf9306
Dscf9308
2日目朝は曇り空。お買い物の旅だからまぁいいよ。
ホテルの朝ごはんはおかずが増えてリニューアル。
ごはんがおいしいからそれだけでいいけれど、
けの汁がやさしい味でおいしいかったね。

Dscf9359
Dscf9363
今日は古川市場へ寄ってふりこを買って、
そのままアウガへ行って立派なかずのこ買って、
食堂でカレーライスをしかちゃんと。
ここのカレーはうまうまなのです。

Dscf9367
Dscf9379
Dscf9375
ワラッセで今年のねぶたを見ているうちに
外はすっかりいい天気だもんで、
ひめひんごをバックにしかちゃんも。

Dscf9394
ちょっとはやめに新青森。切符を買って
ちかくのスーパーでお買い物。

そんなこんなのほぼお買い物の青森の旅。
まぁそんなつもりのプランだからいいけれど
青森・弘前にはまだまだ行きたい食堂が
いっぱいあるからまた来よう。うん。

Dscf9432
Dscf9434
Dscf9440
こんなお買い物で帰ってきたよ。
でもってすじこをちょっと食べてみたのが1枚目。
かずのこはお正月用だから年末になったら塩抜きしよう。
ふりこはその前にすこし食べちゃうかな。

さてさて、今度はどこへ行こうかな。
ね、しかちゃん。

2019年11月24日 (日)

11月は奈良公園

Dscf9018
いきなりお昼のおうどんの写真から。

なんだか毎年書いているけれど、
11月はしかちゃんと出会った誕生月。
やっぱり奈良へ行かないと。

Dscf9007
電車に乗って、興福寺からのお散歩あるき。

(こっそり国宝の)三重塔から北円堂のよこを歩いて
新しい中金堂をよこめに五重塔から春日大社の大鳥居。

なんだか人がいっぱいいるな、なんて思いつつ
参道わきの石段のぼって、どんぐりふみふみ落ち葉ふみ。

いつのも柿の木のまわりには木蔭でくつろぐしかちゃん達。
今年は柿の木の葉っぱもまだまだいっぱい、葉っぱの色と柿の色。
いろんな色と影絵としかちゃん、やっぱりここは好きな場所。

Dscf9008

Dscf9012
ずっと居てもいいけれど、先へ進んで
広い野原で記念撮影、三笠山をバックにしかちゃんと。
あまりこのあたりまで来る人は少ないけれどいい感じ。

しかちゃんは奈良のしかちゃんだもんで、
春日大社へお参りして、若草山から八幡宮。

Dscf9014
天気もいいし、いい景色が見れそうだけど
若草山へ登る体力がありません。
一層目の景色もいいし、三層目あたりもすてきだから
機会を作って、また今度。

手向山八幡宮のベンチはいまでもそのままそこにあって
11年前もけっこういい感じの枯れ具合だったけれど
今年もちゃんとそこにある、そんな感じも好きなのです。
葉っぱの色づきはこれから本番になる、のかな。

Dscf9025
Dscf9023
毎年おなじみの絵馬堂茶屋できつねうどんの定食をいただき
昔はおおきなお揚げで、炊込みごはんだったけれどまぁいいよ。

二月堂から景色をながめて、下に降りてしかちゃんと。
しかちゃん、ガイドをしているつもり、かな。

Dscf9026
Dscf9029
釣鐘ながめて大仏殿。
今年もちゃんとお参りを。

この日は国立博物館の庭園公開してたので
ゆっくりくるっと拝観を。

そんなこんなで戻ってくると
けっこうもういい時間。
お土産ながめて、本屋さんによっているとそろそろ帰ろう。

Dscf9032
Dscf9033
どのお店かは覚えていないけれど、
このあたりのお店のどこかがしかちゃんのご実家。
そんな2008年の11月、しかちゃん覚えている、のかな。
思えば、いろいろ一人旅に出た初めだなぁ。

まるまる11年たって、平成から令和に変わって
しかちゃんの旅も12年目はどんな景色と会えるかな。

Imgp7209
12年目もどうぞよろしく。

 *******

Imgp7356
お土産のきなこだんごを食べながら、
しかちゃん、何をおもっているのかな。

より以前の記事一覧