2021年9月12日 (日)

身近なところに青森を

Imgp5266
りんごを買いに出掛けたら
青森産の本マグロと清水森なんばを見つけたよ。

マグロはそのままおさしみに。
なんばは豚肉といっしょに源タレで。
ごはんは青天の霹靂を炊いて、うんおいしい。

Imgp5265

ここは静岡なんですけどね。
なんだか最近は青森産の食材をこのあたりでも
よく見かけるね。今まで気が付かなかったのかな。
去年は青森のトマトはたくさん食べたなぁ。

もちろん地元の食材もたくさん食べるけれども
気にしている地域の食べ物も意識しながらいただくと
それはそれでありがたみも美味しさもひときわです。

駅弁でも食堂でも地域振興でもやっぱり一番は
「消費する」ってことだと思うのです。
適正に対価を払ってありがたく美味しくいただく、
それが何より大事。

Imgp5268
しっかりお腹いっぱいです。

そんな今日のりんごはつがるです。

2021年9月 7日 (火)

さて、

Imgp5238
さて、1週間の年次休暇➀も終わり
明日から仕事です。

ほぼ駿河区から出ずに
音楽聞いてYouTube見てご飯作って昼寝して
そんな日々を過ごしました。
後半はちょっと写真も撮ったりして、うん。

4泊5日のひとり旅は去年に2月以来行ってないなぁ。
前とすべてが同じにはおそらくならないけれどその中で
どうしてやっていくか、ってこと。

いろんな場所へまた行きたいなぁ。

2021年9月 6日 (月)

しあわせの時間

Imgp5193

Imgp5215

Imgp5213
そんな今日の日。
特になにもないけど、そんな一日。

2021年9月 3日 (金)

今年のりんご➀

青森りんごを毎日食べ初めてだいたい1年。
今年も青森の新りんごが出てきたよ。
そんな記録のはじまりです。

Imgp5038
恋空

Imgp5076
きおう

Imgp5115
つがる

Imgp5129
しなのレッド

Imgp5154
さんさ

今のところいただいたのはこの5種類。
つがるはちゃんと食べごろなのはすごく美味しいって
去年知ったから気にしていたけど
やっぱり美味しい。
いやいや、他のも美味しい。
みんな味が違うしね。

今年はどれだけいろいろなりんごと逢えるかな。


【ついでに】
Imgp5103
はじめて実物を見た、清水森なんば。
甘とうよりも辛いけど、とうがらしにしては食べやすい。
400年くらい前から続く津軽の伝統野菜。
雑味や苦みがないのですっきり美味しい。

Imgp4996
つがる市のメロンも美味しい、うん。

朝ごはんに焼きそばを

Imgp5116
なかなかいい出来です。

2021年9月 1日 (水)

あんかけ焼きそば

Imgp5092
とても上手に出来たので記念と記録に残します。

2021年8月29日 (日)

栗ごはん

Imgp5086
今日は栗ごはん。

2021年8月20日 (金)

夏のきぶん

Imgp5012
Imgp5004
うん、ちょっと夏っぽい。
しかちゃん、とうもろこしは初めてかな。

珍しく見かけた青森産のとうもろこし、
嶽きみかどうかは分からないし
収穫から日も経っているだろうけど、
それでも美味しくいただきました。

青森行きたいなぁ、うん。

2021年8月14日 (土)

8月のごはん

Imgp4939
里芋でコロッケ作って、コロッケそば。
Imgp4937
Imgp4944
うん、おいしい。

Imgp4804
Imgp4932
Imgp4968
あんかけ焼きそばはちょっと上手になった、かな。

Imgp4897
タレかつ丼もおいしく出来ました。

Imgp4972
なにはともあれ、ご飯がおいしいのは素敵なことです。

2021年8月 1日 (日)

夏のけしき

Imgp4764
Imgp4794
Imgp4815
Imgp4798_20210801192401
Imgp4826_20210801192401
うん、いろいろな夏。7月のけしき。

モドコモード

Imgp4734
このところ、休みのたびに「モドコモード」を聴くためにドライブに。

なんども聴くうちに歌詞の世界観が実は
『コロナ禍での人と人を紡ぐメッセージ』に思えてきた。
そう思うと色々な言葉が繋がって来てますますこの曲がいとおしい。

ringomusumeというモドコが人と人を紡ぐ物語。

2021年7月25日 (日)

カレーライスを朝食に

Imgp4755
うん、おいしい。

2021年7月22日 (木)

ライブはいいね

Imgp4716

ringomusumeの新アルバム「ETERNITY」リリースイベント、
4日間連続オンラインライブの記録。
(YouTubeアーカイブは7月31日までです。ringumusume公式YouTubeからどうぞ)
自分のFacebookに日々書いたものをまとめておきます。


【7月17日初日】
1.モドコモード
2.JAWAMEGI NIGHT!!
3.焼きりんご
4.Give me Power!!
5.Ringo star


モドコモードはほんとうに王道なんだけれど
テーマがこぎん刺しという、多田さん天才か。
そしてそれをダンスとともに表現できる4人。

それにしてもringomusumeは常に前のステージを
超えるパフォーマンスでJAWAMEGI NIGHT!!も
そう思ったけれど焼きりんごは10か月前のリリイベより
さらに良くなってるし、Give me Power!!もそう。
Ringo starも過去最高かもしれない。
収録のライブだけれど4日間の初日のこの完成度、
明日以降もたのしみ。

アーカイブ配信が終わった後でいいので
再編集版をずっと公開してほしいなぁ。
最新のライブ映像がringomusumeの魅力を
「とめどなく」伝えられると思うんだ。


年末のオンラインライブの後、
FC限定Wアンコール配信の時に発表された
「snow monster」とアルバム「ETERNITY」
予定されていた3月にいったん中止となり、
7月に繰り越されてリリースとなったけれど
そんな想いのせいか、1曲目モドコモードで
みんなすごくいい笑顔しているのが印象的。

というわけで明日も楽しみなのです。
なんの曲をやるのかな。

【7月18日 2日目】

1.LOVE & SOLDIER
2.A.D.D
3.snow monster
4.夏の蜜柑
5.JIGA-JIGA


Jいわく、「今日のはかっこいいよ」
いやいや昨日のもかっこよかったから。

たしかにダンス強めの3曲でスタート。
特に「snow monster」は12/27以来、
ライブとしては2回目(だと思う)。
音源としてもラジオしか出てないのかな。
初めに聞いたときから「チャレンジしたな」と
そう思っていたけれど今日のトーク配信に
飛び入りした多田さんも自分でそう言っていたな。

アルバム「ETERNITY」から昨日今日で4曲。
あと2日、毎日ちがう曲やるって言っていたから
明日はどんなライブが待っているのかな。
シングル発売時よりも今の方がパフォーマンスが
断然上だと思っているから「0と1の世界」も楽しみ。
もともと好きな曲だけどさらに楽しみなのです。

Imgp4700

【7月19日 3日目】

1.0と1の世界
2.Kimi-Dake
3.1625
4.JOMON
5.Ringo disco


3日目は衣装を「ETERNITY」のものから
アー写のものに変更。これが今年の基本衣装かな。
予想通り「ゼロイチ」。
やっぱりいいな、好きな曲。
この独特の世界観が引き付けられた要因の1つ。
「kimi-dake」もいいよね。「jiga-jiga」につながる
シリーズだと勝手に思っている。その流れにあるのが
「モドコモード」かな。

「1625」も好きな曲。青森に行き始めた2017年5月。
その頃はまだringumusumeは意識していなくて
勧められて行ったりんご公園とそこからの景色、
りんごの花とりんご畑と岩木山。ほんとうに素敵だった。
またここに来たい、そう思ったんだ。
だから本質的には理解していないかもしれないけれど
「1625」の歌詞にはうまく気持ちがはまるんだよね。

「JOMON」は言うことないです、最高です。
3日目でいいんですか、最終日じゃなくていいんですか。
今日のラストは「Ringo disco」。
もう完全にライブです、いいライブだ。


それにしても、ライブの内容もすごくいいけれど
初日からずっと『映像作品』としてすごくいい。
前回9月のリリイベライブよりも格段にいい。
カメラワークも画質もいいし、ピントの抜けもない。
すごく集中して見ていられる、そう感じています。
関係者のみなさま、ありがとうございます。


そして4人がパフォーマンスの合間に
互いに顔見合わせてすごくうれしそうな顔してるのが
印象的。いままではライブの時はライブの顔で
しっかり決めているかっこよさだったけれど
今回は瞬間瞬間で素の笑顔が出ていて
いったん中止から4か月、その間の想いが
自然と笑顔になっているのかな、そう思います。


明日は4日目最終日。
「ETERNITY」からやっていないのは
「DAISUKI青森」と「りんごの木」と「DA-BION」
「りんごの木」は特別な曲だから
個人的には今回はなくてもいいとも思っている。
「DA-BION」はringosisters名義だからどうだろう。
「FOURs」は聴きたいな。
明日も楽しみ、です。

明日はアルバム「ETERNITY」も(たぶん)届くから。
ジャケットも歌詞も楽しみ、です。

【7月20日 最終日】

1.JOMON
2.モドコモード
3.JET GIRL
4.DAISUKI青森
5.FOURs


JOMONとモドコモードは2回目。
でもこの2曲はきっとみんな
聴きたいと思っていた曲だと思うから。
JET GIRLも含めて「聴きたい」と「歌いたい」が
ちゃんと一致しているって、いいなと思う。
DAISUKI青森はNHK青森局のイメージソング。
でもそれがお仕着せではなくて自然にちゃんと
ringomusumeの曲になっている。
それはやっぱりすごいことで、青森行きたくなるな。


最後は「FOURs」
この曲だけはこの4人のringomusumeのための曲だから
ライブの最後には歌ってほしい、そう思ているし
メンバーも歌いたいって思ってる。それがすごくいいな。

「りんごの木」を歌わなかったのも僕は逆に「いいな」、
そう思っている。ringomusumeだけでなくて
ringomusicにとっても特別なあの曲は、出来なかった
20周年記念ツアーの最後を飾るはずの曲だから、
そのツアーが実現できてはじめて普通に歌える曲になる、
そう思っています。だから今は年末のpowerliveの
最後にみんなで歌う歌、それでいい。そう思うのです。
それだけ大事な大事な曲だもの。


というわけで、手元にアルバム「ETERNITY」が
届いていますのでこれから聴きます。


4日間、すてきなライブをありがとう。

Imgp4714

アルバム「ETERNITY」の話はまた今度。

2021年6月25日 (金)

「いとみち」

Imgp4513
久しぶりに、ほんとうに久しぶりに行った映画館。
今日は映画「いとみち」の封切日。

よかった。

派手ではなく、地味でもなく
ちょうどいい距離感でそこにいるような
それでいて淡々としているわけでもなく
自然にふっと入ってくる、そんな感じ。

なんだろう、ちょうと僕が青森に感じている
「いいなぁ」と感じているのと同じようなそんな感覚。

Imgp4515
青森という特殊性があって生まれるストーリーではあるけれど
その物語はとても普遍性があってそれも魅力。
ただ、津軽という地でなければ作りえなかったであろう
そんな絶妙のバランスで成り立っているじゃないかな。

僕は静岡生まれの静岡育ちだけれど
なぜか津軽が気に言って、最近はringomusume好きで
そんな要素もあって見に行った映画だけれど
そうじゃなくてもきっと伝わる、そんな映画です。

また青森、行きたいなぁ

Imgp4517
しかちゃんもいとっちとおんなじポーズ、だね。

ちなみにパンフレットは内容が充実していて
台本まで収録されています。とてもよいです。

Imgp4509
また何度でも見に行きたいな。
そんな映画です。

2021年6月18日 (金)

おにぎりの日

Imgp4446
ですが、今日のごはんは辛いラーメンの4色仕様。
思ったほど辛くなくておいしくおいしくいただきました。

そんな今日は「おにぎりの日」。
そしてライスボールの新曲の発売日。
Imgp4457
3枚目のシングルは「JAN-KEN-PON」と「涙のセンタク」、
「掌(たなごころ)acousticversion」のおまけつき。
毎回シングルと言いながら3曲収録されています。

ringomusumeの楽曲は「青森」がベースコンセプトにあって
それがすごく魅力でとても好きなんだけれど
ライスボールはテーマが「お米」。
だもんでそのメッセージ性は全国共通、いやいや万国共通な
そんな世界観があって、今回の『JAN-KEN-PON』はそんな王道。
今回は3人が作詞も手掛けているとのこと。
話を聞いていると3人が出した言葉たちを多田さんが紡いで
出来上がった、そんな感じのようです。
本人たちの想いがこの世界観を作りだしていると思うと
なんだかそれは素敵でうれしいことです。

多田さんのつくる楽曲はringomusumeの曲でもそうだけれど
メロディアスでビートが効いていてダンサンブル、
それでいて若干のノスタルジックがあってそれでも古さはなくて
そこにライスボールならライスボールの世界観の歌詞がのり、
ringomusumeならringomusumeのイメージの歌詞が重なる。
そんな楽曲たちが生まれていくこの時をリアルタイムで体感しているのは
実はもしかして凄い瞬間なのかもしれないな、なんて思います。

ライスボールは声質が大きく違う3人が曲になると1つにまとまっている、
3人とも歌っているときが一番すてきでそこがやっぱり魅力なのです。

Imgp4458
しかちゃんもいっしょに聴きますよ。

2021年6月16日 (水)

チキンライスと

Dscf3951
名実ともに梅雨の日々。
床屋へ行って散髪して、
お昼ごはんはいつもお店で今日はチキンライス。

ライスボールのCDを注文したり
ringomusumeの新アルバム「Eternity」を予約したり
知人の写真展にふらりと行ったり
まぁ今日はそんな日。
雨だったけれど、それなりに充実はしている、かな。

夜はライスボールのリリイベでミニライブ配信もあったしね。
「君はモンスター」「Love」と新曲「JAN-KEN-PON」の3曲。
どれも好きな曲だし、どれもよかった。何回でも見てられる。
音源よりもライブの方が常にいいのが特徴だけれど
6月20日のオンラインライブがますます楽しみ。

Imgp4431
あまり写真らしい写真は撮ってないな。
もともと身の回りがテーマだけれど
毎日の晩ごはんくらいしか撮ってないわけで
でもそれはそれでいいんじゃない、とも思うのです。

Imgp4435
そんな今日の晩ごはんは4色入りのあんかけごはん。
さて、明日は何にしようかなの晩ごはんなのです。

2021年6月13日 (日)

けの汁つくった

Imgp4406
「けの汁」ってのは津軽のお正月の料理で
根菜や山菜、高野豆腐なんかを小さく四角く切って
汁物にしたお料理です(たぶん)。

Imgp4400
津軽に縁はあるかもしれないけれど
ゆかりはないかもしれないけれど、
今は6月だしお正月ではないけれど、まぁいいじゃないか。

11月の買い出し旅で買っておいた「けの汁の具」っていう
水煮があったので、それにこんにゃくと高野豆腐を足して
味付けは適当にお醤油とお味噌。

思っていた以上に美味しく出来ました。
味噌を使うけれど味噌汁とはちょっと違っていて
具材も野菜がほとんどだからやさしい味。
そんなところがそれなりに出来ていて、うん美味しい。

Imgp4405
Imgp4398
Imgp4402
そんな今日のおかずはringomusumeカラ―で青椒肉絲。
赤いパプリカ、黄色のパプリカ、緑は甘とうとおネギで
豚肉の変わりにベーコンを細切りにしてピンクの4色。

Imgp4409
三方原ばれいしょのポテトサラダも作って
なぜかふりこの数の子もいっしょにね。
お正月用に買ったのの残りをようやく塩抜き。

青森産のベビーホタテと、青森産のふじりんご。
青森で買ったふりこの数の子にけの汁。
ringomusume色の青椒肉絲。
ここな静岡なんだけどな、まあいいや。

Imgp4411
ちなみに今日のりんごは
青森産のふじりんごと
ニュージーランドのプリンスりんご。
プリンスはちょっとスターキングっぽい感じかな。
どちらも美味しく丸かじりでいただきました。

2021年6月 6日 (日)

もう6月

Imgp4351
そうです、もう6月です。
約2か月ぶりの更新ですよ、こんばんは。
また少しずつでも書いていきます、いきたいです。

今年ははじめて「しかちゃんカレンダー」を断念。
季節を追っていったら夏の写真でいいのがなく、
フィルムで撮ったの、という自分くくりがあるので
まぁしょんない。
あとはめがねを落として踏んでしまって新調したり、
…ん?あとはあんまりネタはないなぁ。

そんなこんなで6月だもんでびわの季節です。
「しかちゃん、それは」の原点はびわなのです。
おんなじような色のおんなじようなころんころんを
いっしょに撮ったらどうだろう、が始まりです。

2か月ぶりのブログ復活にはまぁいいきっかけ、です。

Imgp4332
Imgp4337
そんな今日はお芋を煮たり、冷やし中華。
料理はしているのでFacebookは更新しているけれど
ちょっとブログは敷居が高くなってしまって…。
ただ、駄文だろうが文章を書くことは大切で
書いていないと本当に書けなくなっちゃうから。

Imgp4354
相変わらず毎日、青森産のりんごを1個たべています。
今日はびわと桃もならんでしかちゃんもちょっとは
季節を感じたりしてるのかな。
もちろんりんごもいただきました。
今日のりんごはふじりんご。
お店にならんでいるのもサンふじからふじになって
ちょっぴり酸味が強めになるけれど暑い季節には
ちょうどいい、かな。

Imgp4282
ふらっと出掛けられるようになりたいですね。

2021年4月11日 (日)

思いがけずに

Imgp3786
久しぶりにいい写真。
表紙(なんの?)につかえそうじゃない?

Imgp3785
ねぇ、しかちゃん。

2021年4月 4日 (日)

セトリ

Imgp3619
思いついてRINGOMUSUMEの楽曲を並べて
CD1枚を焼いてみる。
うん、いい感じ。
本当はもっと入れたかったけれど80分。

A.D.Dもだびょんもバスターミナルも焼きりんごも
入れられなかったのが心残りだけれども
基本的に運転中に聞く前提で泣く泣くチョイス。

SEBADAVA MAINEBIONとJOMONと
もちろん駆けろ未来へも入れて
うん、いい感じ。

snow snow snowとMy Dearestも断念、残念。
それでも選んだ18曲。

出囃子は音源がないから初めにJONKARAを。
0と1の世界で「おはよう」して
いきなりアメノチヒカリとアポーパイで盛り上がり
Give me Power!!からのSEBADAVA MAINEBION、
津軽三味線とのコラボに浸り、そこからの駆けろ未来へ。
後半はJIGA-JIGAからの1625→JET GIRL。
そのままRingo Discoで盛り上がったところでJOMON。
うん、いいなぁ。
ラストへ向かってLOVE & SOLDIER、Ringo star。
101回目の桜で整えて、FOURsからラストはりんごの木。
あどはだりのつもりで最後はトレイン。
そんなセットリストの1枚を。

ここにsnow monsterがないのがとても残念ではあるけれど
それはそれで未来の楽しみに。

1.JONKARA
2.0と1の世界
3.アメノチヒカリ
4.なんぼめじゃ!アポーパイ(dance mix)
5.Give me Power!!
6.SEBADAVA MAINEBION
7.駆けろ未来へ
8.JIGA-JIGA
9.1625
10.JET GIRL
11.Ringo Disco
12.JOMON
13.LOVE & SOLDIER
14.Ringo star
15.101回目の桜
16.FOURs
17.りんごの木
18.トレイン(RINGOSTARS mix)

2021年4月 3日 (土)

お花見きぶん

Imgp3586
今年は櫻が咲くのも早いのもあるけれど、
どうやら今日しかお花見には行けなさそう。

そんなこんなでringomusumeの勝手にmixCDを作って
ドライブがてら向こうに行ったり、こっちに来たり。
途中でお堀端も通ってみたり。

Imgp3548
Imgp3568
Imgp3616
Imgp3635_20210403201201
ちょうどいいタイミングのような日。
しかちゃんもちゃんとお花見、出来たかな。

Imgp3641

東北のさくらはこれから、かな。

2021年3月28日 (日)

ごはんの記録②

Imgp2966
Imgp2981
Imgp2988
Imgp2990
Imgp2997
Imgp3035
Imgp3071
Imgp3088
Imgp3091
Imgp3119
Imgp3124
Imgp3127
Imgp3137
Imgp3139
Imgp3174
Imgp3179
Imgp3244
Imgp3253
Imgp3341
Imgp3347
Imgp3353
Imgp3359
Imgp3370
Imgp3379
Imgp3386
Imgp3391
Imgp3413
Imgp3462
Imgp3470_20210328210601
Imgp3482
Imgp3489
Imgp3493

こうして見ると最近は麺食が多いなぁ。

2021年3月 4日 (木)

ふつうの日

Imgp3207
久しぶりに土手あるき。
曇り空とちょっとの青空、
少しまだ肌寒い空気に。

Imgp3202
いたいた、つくし。
今年もちゃんとそこにいる土筆んぼ。
「ん?前からいたよ」なんて顔してる。
うんそうだね、先週見つけてあげればよかったね。

Imgp3208

そんな3月ももう4日。はやいなぁ。
こんなご時世ですがおかげさまで多忙につき
ぜんぜんブログの更新をさぼっていました。
前にも経験があるけれど、文章は書いていないと
書けなくなってしまうもの。
SNSは単語の組み合わせだからちょっと違って、
あれに慣れちゃうと、ねぇ。
ただ、文章を書くということはいいことなので
また書こう、とそう思っていますよ。

節分はしたけれど、
菜の花も梅のお花見も河津さくらも楽しまないまま
気が付きゃ3月。
しかちゃんカレンダーの写真が12か月分、あるのかな。
りんごの写真なら12品種ありそうだけど。

近所のちいさい公園の木蓮が
白い蕾をふっくらとさせている。
うん、久しぶり。
うれしくなって見上げながらシャッターを切る。
うん、楽しい。

Imgp3226

何かをいいなと思ったり、好きになったり
興味を持ったり、楽しくなったり
それはやっぱり素敵なこと。

そんな今日のお昼ごはんはうでんです。
Imgp3235
うどんとおでんでうでんです。
うん、すてき。

Imgp3230

2021年1月24日 (日)

ライスボール

Imgp2973
1月17日リリースの3曲入りシングル(?)CD。

ハローグッバイ/LOVE~たった一度の青春を~/君はモンスター

2020年度発表の3曲をまとめた1枚です。
今までもネット配信はされていて、それはもちろんいいけれど
パソコンのスピーカーで聞くよりもそれなりのオーディオで
大きめの音で聴くと、うん。すごくいい。

Imgp2984
多田さんの作る楽曲はきれいなメロディと
実はけっこうビートなリズム感が特徴だと思っていて
ringomusumeの場合はさらにEDMに寄っているけれど
ライスボールへの曲は自然体というか、歌詞の世界観とも
しっかり合っていて、そこに質のちがう3人の声。
どの曲も素直にいいと思えるな。

多田さんの「生涯に1曲でも2曲でもいいから男女年齢問わず
みんなが知っていて口ずさむ、そんな曲を作りたい」っていう
その目標を叶える1曲目はもしかしたらライスボールかもしれない、
そんなことも思えてくるくらいな素晴らしさです。

Imgp2974

2021年1月17日 (日)

ごはんの記録

Imgp2953
さてさて1月。
なんだかちゃんとお休みらしい休みをしていないので
なかなかこの日記ブログも滞り。

だもんでご飯の写真でごまかします。

Imgp2924
Imgp2926
Imgp2895
Imgp2901
Imgp2928
Imgp2942
Imgp2870

うん、ご飯はちゃんと食べてるね。
1月は毎年、奈良へ行ったり、東京へ行ったりしているけれど
やっぱり今年は行けないなぁ。
うん、行きたい場所はいっぱいあるよ。

Imgp2918
さて、明日の晩ごはんは何にしようかな。

2021年1月 1日 (金)

今年はうし年

Imgp2798
Imgp2795
Imgp2796
あけましておめでとうございます。
無事に2021年を迎えております。
いろんないろいろに感謝します。
ありがとうございます。

大晦日はringomusumeオンラインライブの
アーカイブを時間いっぱいまで見てたもんで
年越してそのまま寝ちゃったもんで何も更新せず。
うん、まぁいいじゃないか。

Imgp2818
おせちを食べて、お昼は鍋焼きうどん。

近くをちょっとお散歩して
あとはお昼寝。
1日だけでも休みがあるのはいいね。

Imgp2825
Imgp2831
Imgp2848
それでもちゃんとそんな時間をとりながら
生活できるのはありがたいことです。

みんなといっしょにしかちゃんも
ことしの事をいろいろとお話している、のかな。
どんな何かと会えるかな。
きっとしかちゃんだって楽しみ、だね。

Imgp2810

2020年12月 6日 (日)

週末のきろく

Dscf3551
Dscf3569

Dscf3572
Dscf3607
Dscf3639
Dscf3623
Dscf3675
Dscf3683

2020年11月15日 (日)

打ち合わせ、かな。

Imgp2065
そろそろ、年賀状を考えないと、だね。

お山のけしき

Imgp2324

Imgp2297

Imgp2345
ちょうどいい頃にこれた、かな。

Dscf3514
食堂は混んでいたからお弁当を買ってしかちゃんと。
この炊込みごはん、すごく美味しかった。
ちょっとびっくりする美味しさですよ。

なんだかうれしい

Dscf3520
いつものお店でお昼に天ぷらそばをいただいていたら
どうも初めてみたいな若いご家族が「おいしいね」って
いろんなメニューで食べていて、なんだかうれしい。

よくよく見ればけっこう洒落ているけれど
店内も味もThe昭和なお店で、
今風な要素は一つもないけれど
そんなまじめなお店が
平成生まれであろう若いご家族連れにも
ちゃんと伝わっているという事がやっぱりうれしい。

若いお父さんとお母さんだったけれど
とても礼儀正しくて穏やかでお子さんもいっしょに
いい雰囲気でわちゃわちゃしていた。
ちょっと離れた席で天ぷらそばを食べている僕も
なんだかちょっとしあわせな、そんな感じのおすそ分け。

そんな今日のお昼時。

2020年11月11日 (水)

笹団子

Imgp2277
笹団子はこしあんが好きだな。

2020年11月10日 (火)

青森りんごは青森で

Dscf3456
ringomusumeがよく言うのは
「青森に来て生のりんご食べて欲しい。全然違う」って。

実際に青森で木箱を並べて売っているりんご屋さんで
買って食べた王林はとても美味しかった。
ぱっきぱきでしゃりしゃりで甘々ジューシー、濃い味りんご。

だもんでこの辺りで売っている王林を食べてみようと思ったら、
まだ王林売ってないね、静岡じゃ。

青森ではサンふじとぐんま名月と北斗や王林あたりを見かけたけれど、
いま静岡で売っているのは早生ふじとジョナゴールド、ときも見かけるね。
やっぱり産地の青森より遅れてる。

このあたりのお店にならんだ時にはもうそりゃ違うよね。
それは仕方のないことで、貯蔵して長く楽しむのも大切。

美味しいりんごを味わうのは青森へ行く楽しみだと思えばいいね。 

秋の遠足

Dscf3331
2月以来のおさんぽ旅へ、久しぶりの青森へ。

青森の秋は街のなかに
きれいな紅葉がふつうにあって、うん、いいなぁ。

アウガでカレーライス食べて、
浅虫水族館でふうせんうおを見て、
もりもり弁当でから揚げ弁当買って、
成田本店で本を買って、
スーパ―で買い物をして、
いつものホテル泊まって、
太子納豆とお弁当食べて、
日の出を見ながら「0と1の世界」を聞き、
17階から陸奥湾眺めつつ朝ごはんを食べ、
ゆっくりしながら「はっぴぃ」を見て、
平和公園で秋を楽しみ、
棟方志功記念館へ行き、
三内丸山遺跡へ行って、
古川市場でのっけ丼を食べ、
夕日を眺めてから、
アスパムでお土産を買い、
ホテルに戻って「OTGS」を聞き、
街まで出て成田本店でカレンダーを買い、
重慶で五目ラーメンと半チャーハンを食べ、
夜は「土曜はDON」を聞き、
朝はやっぱり和定食をいただき、
善知鳥神社にお参りして、
古川市場でふりこの数の子を買い、
りんご屋さんでりんごを3個、
アスパムのイベントを眺めたあとに、
360度シアターに感動し、
展望台から街を眺めて、
駅弁とジョナゴールドのジュースを買って、
東京を素通りして帰ってきた。
そんな2泊3日の青森の旅。
Dscf3265
Dscf3283
Dscf3288
Dscf3350
Dscf3379

早めの時間に帰ってきたのは
19時から限定のトークライブ配信がYouTubeであったから。
まぁそれを観終わって、駅弁を食べ終わった
22時ころが旅の終わりといえばそうかもね。

あくまでも「外から訪れる者」としての思いだけれど
やっぱり青森いいなぁ、そう思うよ。
なんども行っているということもあるけれど
青森はお店の人の顔をよく覚えているんだ。
他にも気にっていて何度も訪れる場所はあるけれど
人まで覚えている場所ってあまりないんだよね。

また、ふらっと行きたいなぁ。

2020年10月25日 (日)

楽しい時間に

Imgp1897
毎年見に行く岡部のコスモス。
今年はどうかなって思ってたけど
咲いてるって話だもんで行ってきたよ。

ちょうどいい感じの見ごろで
日曜日でいいお天気。
みんな楽しそうにお花見してる。
うん、楽しい。

Imgp1896
思ったのはね、
けっこう『カメラ』の人が多いなってこと。
いかにもな人もいるけれど、
ご家族連れでもカメラの人が意外と多くて
みんな楽しそうに写真、撮ってる。

それがなんだか嬉しくて楽しくて。
そうだよ、「写真」って楽しいんだよ。

僕は作品撮りをしないのが信条だけれど
(なんだ、そりゃ。)
写真を撮るって楽しいな、って思えるのが大事。

前にも書いた通り、
実務的にはすでにスマホで十分だもんで、
「カメラ」という文化はもはやアングラで
好事家だけのものになるのは時間の問題だと
そう思っていた。
だけど、今日の景色からはまだもうちょっと
「カメラで撮る写真」という文化はありかな。
そう思ったよ。

楽しいんだよ、写真撮るって。
何が楽しいかは人それぞれだけれど。
人をものをその時の景色を思い出を
なんとなくいいなと思った出来事を。
シャッターを切る、その瞬間を。
楽しむ時間のよこにカメラがあるっていいじゃない。

Imgp1852
Imgp1836
だもんで、コスモス見に行っても
やっぱり櫻の葉っぱが気になるのです。

Imgp1909
そんな今日のおやつはりんごケーキ。
しかちゃん撮るのも楽しい、のです。

2020年10月19日 (月)

秋はいる、かな。

Imgp1693
Imgp1690
Imgp1749
Imgp1704
しかちゃん、秋は見つかったかな。
今年はあまり出掛けてないからどうかな、
ちゃんと秋があったらいいな。
Imgp1702

ときのとき

Imgp1748
Imgp1739
そんなこんなで届いた、
ときのとき、りんごですよ。
お店で売っているのよりちょっと大きめ、
色目も黄色でおいしそう。

Imgp1743
まるで梨みたいに果汁たっぷりでそれでいて果肉はみっしり細かくて
すごく甘いけれどくどさはなくて、うん、おいしい。
「しゅわしゅわ」って表されるのがよくわかるね。
しゅわしゅわだもん。

Imgp1756
ringomusumeのみんながりんごを食べるとき、
前歯ではさんでめりっと大きな塊を
はがすように食べているように見えていて
ちょっと不思議だったんだけれど
ときのときは本当にそんな感じで実がはがれて
それが初めての感じでなんだか面白いな。
お店で買うのと熟度の違いがあるのかな、
木成りで完熟の食べごろだと、
そんな感じで食べられるのかな。

Imgp1742
うん、しかちゃんもうれしそうな顔してるね。

「タイシっ!」

Imgp1772
Imgp1775
太子の納豆をこっそり買ってきて、いただきます。

なんだか大豆の粒がふっくらしていて
糸ひきもしっかりしていていい感じ。

Imgp1779
うん、おいしい。
しかちゃんだって、「タイシっ!」のポーズで
よろこんでいる、のかな。

2020年10月11日 (日)

今週のりんご

Imgp1628
いま食べているのは早生ふじですよ。
この次はもう一回、ときにしようかな。

ごはん日記

Imgp1673
ちょっと更新があいてしまったもんだでとりあえず
ごはんの写真でごまかします。

Imgp1652
Imgp1641
Imgp1615
Imgp1661
Imgp1711
鶏肉がすこし残っているので
明日の晩ごはんはおやこ丼にしようかな。

2020年10月 1日 (木)

黄色いりんご

Imgp1550
たぶん初めての 『とき』、青森の。
ふじと王林のいい所どりの黄色いりんご。
うん、おいしい。

毎日りんごを食べていると
今まで食べてきたりんごは
(それでもおいしいけれど)実は
すこし未熟な感じもあったのかな、そう思うな。

品種ごとに収穫のピークで出てくるりんご達は
みんなとってもおいしくて、
品種じゃなくて、それぞれの時期に
それぞれの味を楽しめる。
そう思ったらなんだかとても楽しいな。

4人の色を食材で

Imgp1543
Imgp1581
Imgp1503
赤・黄・緑・桃の4色を入れてみると
ごはんはとっても楽しくなるね。

ある秋の日にお月見を

Imgp1552
Imgp1551
今日はお月見、しかちゃんも
おなじみへそもち揃えて準備OK。
お月さんはみえる、かな。

Imgp1568
なんだかすっかり秋ですね。

2020年9月27日 (日)

お月見の準備

Imgp1507

Imgp1508
しかちゃん、りんごと梨を持ってきて
お月見の準備は進んでいるかな?

Imgp1511
うん、いいみたい。
あとは当日にお団子、だね。

備忘録

Imgp1517
9月23日にリリースされたringomusume のリアレンジアルバム「Cool & Country」
公式YouTubeで1週間にわたり行われたリリースイベントのミニライブ。
もちろん収録だけど、1日3曲をすべて撮り下ろしですごくライブ感があってよかった。
いわゆる無観客ライブなんだけど4人とも画面越しに見えているかのような
そんなパフォーマンスが出来るこの子たちは本当にすごいな、本気だな。
そう改めて思ったのですよ。

9/30までの公開とのことなので、備忘録として記録しておく。

【1日目】2020/9/21
 LOVE & SOLDIER
 バスターミナル
 JIGA-JIGA 
  ※JIGA-JIGA、ダンスは初めて見る。シングル「りんごの木」の
   カップリング曲だけど、強力なナンバー。とてもいい。刷り込まれる。
   思い返せばほかのシングルも全部、両A面(表現が古い)みたいな感じだし。
【2日目】2020/9/22
 JAWAMEGI NIGHT!
 焼きりんご
 Fly High
 ※この日の印象は「夜ごはん食べてる人いるー」です。
  本当にこんな感じのぶっこんで来るのが上手というか、かわいい。
  (「もーいっかいっ!」もけっこう好きです。)
  焼りんご、彩香のパワーアップが好印象。
【3日目】2020/9/23
 JONKARA
 夏ノ蜜柑
 Give me Power!! 
 ※JONKARAのときの高音、さらにレベルアップしてる。
  特に中盤の王林との掛け合いがすごくいい。
【4日目】2020/9/24
 りんごのキモチ
 A.D.D
 JET GIRL
 ※JET GIRLはいいよね。どんなタイミングでも前奏が入った瞬間に勝利確定。
  そんな曲はそうそうない。この日まででアルバムの8曲はすべて披露。
【5日目】2020/9/25
 Give me Power!!
 バスターミナル
 Ringo disco
 ※5日目からはおかわりです。
  バスターミナル、初日もよかったけれどこの日もよかった。
  (よすぎて何も書けません。)
【6日目】2020/9/26
 A.D.D
 Kimi-Dake
 LOVE & SOLDIER
 ※おかわり2日目。よくよく見ると3曲ともダンスナンバーだなぁ。
  A.D.Dも2回目、初回よりダンスがよく見えるカメラワークでいい感じ。
【7日目】2020/9/27
 JIGA-JIGA
 Fly High
 FOURs
 ※6日目までを本編だとすると7日目はあどはだり的な構成、かな。
  最後にFOURsを出されてはもう何も言うことはないです。
  最後の4人で肩を組むシーンでときが大きくうんうんと
  うなずいていたのがすごく印象的。
  歌い始めでJが歌い出す前にときが「ぱぱっぱっぱ」って声を出さずに
  歌っていたのも印象的、うん。何もかも印象的な歌。

「りんごの木」は20年間のまとめであり、21年目からの始まりの歌だから
きっと配信ではなくて生で直接届けたいんだろうな、そう思ったよ。

3曲ずつだけれど、どの日も単独でちゃんとライブとして成立している。
すごいなぁ。
それにしてもレパートリーの幅が広いな、ringomusume。

毎日、楽しめました。
ありがとう。

2020年9月23日 (水)

Re:START

Imgp1490
9月23日はringomusumeの誕生日。
2000年にはじまり、今年で20周年。
そして今年の今日はリアレンジアルバムである
「cool&country」の発売日。
お祝いにアップルパイをしかちゃんと。

りんご娘をしっかりと注目しだしたのは今年の春からで
もちろんその前から存在は知ってはいたけれど。

2017年からかな、年次休暇で初めて青森へ旅行に行ったのは。
何年か前に1度、日帰り(!)出張で訪れたことはあったけれど
「旅行」としては初めてで、
是川や三内丸山の縄文遺跡に行きたかったのと
「食堂」にも興味があって、弘前城にも。うん。
5月の半ば前、GWが終わったすぐ後の時期。
Y君が教えてくれた弘前市のりんご公園、
一面のりんご畑、満開のりんごの花、
どこまでも続くりんご畑の向こうに岩木山。
とてもよかった、楽しかった。
そこからちょくちょく(といっても年3~4回くらい)と青森へ。
だもんで、年52週のうちのべ2週くらいは青森周辺にいる感じで
1泊(しかも大館)で無理やり弘前の櫻を見に行ったり
12月の初めに行ったときは例年より2週間くらい早く雪が積もって
真っ白ななか、岩木山神社へ参拝してタクシーの運転手さんに呆れられ
そのまま歩いて高照神社まで行って、山の子さんでコーヒーいただいた。
尻屋崎の灯台売店のうに丼も美味しい。
今は下田水族館にいるカブトは生まれて間もない頃に会って、
次の年も行った浅虫水族館、それから毎回行っているなぁ。
食堂の話はそれだけで長くなる(すでになっている)ので書かないけれど
どこの食堂もまじめで誠実でそして美味しい。
そう、青森が気に行ってしまったのだ。

水がおいしく(これ重要。静岡は水がおいしいのです。)、
食べ物がおいしく、四季の景色があり、人の風情があり、
静岡からだとほどよく遠くてほどよく交通の便がよく旅行感があり
ねぶたやねぷたで観光客慣れしているのか、それでもすれてなくて
程よい距離感で接してくれる。
それは住んでいる感覚とはもちろん違う、あくまで観光で行く身だけれど
そう、青森が気に行ってしまったのだ。

今年ももちろん、行くつもりでいて2月の初めころにはまだ行けた。
雪だった。滑りにくい靴と暖かいジャケットを新調して行った。
だって、次のシーズンも行くつもりだったから。
5月のなかばも行くつもりだった、2年ぶりのりんご公園へ。
もしかしたら弘前公園の八重桜はまだ間に合うかも、そう思って。

それが3月以降はまぁこんな状態でどこにも行けず、もちろん青森へも。
そんななか、青森どんなかなぁなんて思いながらネットで
何かと見ているとたどり着いたのが弘前シティプロモーションのYouTube。
そう、『101回目への弘前公園の桜(2020)』。
(ちなみこの動画は傑作です。その美しさに震えてください)
今年は本来の桜まつり時期、弘前公園は感染拡大防止のため
閉門され一般の方はまったく入れない無人の状態に。
その時期の弘前城の様子を収めたとても貴重な動画です。
そこでBGMで使われていたのがringomusumeの「101回目の桜」

ようやくringomusmeにたどり着いた。

そこからringomusumeの公式YouTubeを見るようになり、
やっぱり素敵なわけですよ、「101回目の桜」。
そして「0と1の世界」で引き込まれ「JET GIRL」で好きになる。
公式以外の動画も目にしていくと「Ringo Star」前後のエピソード、
旧メンバーの動画も目に入り、ますます興味が湧いて来る。

ringomusumeは2000年、樋川氏(現(有)リンゴミュージック社長)の
想いから始まる。それはringomusumeの公式HPから今でも読むことが出来る。
2020年、新型コロナ禍の今これを読んでもまったく違和感はない。
20年前、このコンセプトを掲げぶれることなく継続してきた。それが今。

ringomusumeの強さというか良さは、私利私欲ではなく
地元青森を1次産業から盛り上げるという想いがつながり、広がり、今がある。
つないできた想いがバトンとしてしっかり今の4人に受け継がれている。
それにはやっぱり とき の存在は大きくて、りんご娘としてバトンを受け取り
ringomusumeとして今も駆けつつ J と彩香に繋いでいく、そんな想いがあるのだと思う。
もちろん王林にも同じような想いはあると思っている。
今、20年を迎えられるには とき と王林の二人の存在が不可欠だったのではないか。
どちらかが欠けてもバトンは途切れてしまった、かもしれない。
そんな二人を見ながらringomusumeになった J と彩香にはしっかりとバトンは繋がっていく。

そんなringomusumeだからこそ、リンゴ飴マン氏も多田氏も引き付けられたのだと思う。
ただそれは4人個人の魅力だけではなく引き継いできた想いが4人に力を与えている。
地元のみなさんだけでなく各地のfarmerの方引き付けるのはそんなところにあって
もちろん、一人一人の魅力もあって、でもそれだけではない、
自然と受け継いで身についている地元青森への想いがあふれているringomusumeの4人。
そりゃ応援したくなるわけです。

Imgp1468
あぁ、長くなった。

というわけで「Cool&Country」を聞きながら書いているわけですが
書きだしてすでに4回転目です、たぶん。
2000年~の初期の楽曲から8曲をアレンジして現メンバーで採録された
新譜と言ってもいいアルバム。
アルバムについての感想はまた後日。

9月後半から一気に再始動のringomusume。
りんごの木は20年経つとようやく美味しいりんごが出来るそうで、
あたかもそのサイクルに合わせるようにRe:STARTを始めた4人たち。
どんな『りんご』になっていくのかな。

Imgp1479
そんな今日の晩ごはんはringomusumeカラーの4色で
トマトのたまご炒めアボカド・ハム入り、です。

2020年9月13日 (日)

しらすでごはん

Dscf3132
生しらすのどんぶりも
あらためていただくと、
うん、おいしい。

影が気になる頃

Imgp1373
Imgp1356
Imgp1361

2020年9月12日 (土)

りんごだよ。

Imgp1387
今日は未希ライフを買ってきたよ、の青森りんご。
はじめてだから楽しみだね。

季節の気配

Dscf3095
天気もよくない午前中、
久しぶりに梅ヶ島までご飯を食べにしかちゃんと。

Dscf3093
途中のおやつは定番のきんつばとおまんじゅう。
きんつばはあつあつだったもんでそのままいただきます。

なんだか空気の感じも秋っぽい、そんなころ。
風にもちょっとのひんやり、冷気入り。

Dscf3111
Dscf3109
Dscf3115
街までもどってくるとすっかり秋空、そんな雲。
いつの間にかちゃんと季節はめぐる、暑いけどね。

Imgp1317
Imgp1328
Imgp1346
うん、もう9月も半分。
はじまる葉っぱの季節。

遠くへは行きたいけれど、
遠くの街で土地柄に関係なく季節を拾うのが
好きなスタイルなんだけど、近くの街中でも
同じようにちゃんと小さい季節を拾わなきゃ。

Imgp1352
Imgp1350

カメラを担いでりくりくと
やっぱりいろんなところへ行きたいな。

2020年9月11日 (金)

故あって海鮮丼

Dscf3069
海鮮丼というか、まあおさしみが乗った丼を。

個人的には丼よりも定食派なので、まぁなんですが
ちょっと興味があっていただきます。

なんで丼より定食かといえば、
初めもごはんを食べたいからで、かつ丼や天丼は
ちょっと横へ動かしてまずごはん、ができるけれど
海鮮丼はちょっとむずかしい。
あと、お醤油問題もある、うん。
よってあまり好んで選ばないメニューなんだけど
どんなネタがどんな風に乗ってるのかな、なんて
そんな興味があるこの頃、です。

今日のは、
マグロ(たぶんキハダかな)、赤いか、、生しらす、
はまち(?)、目鯛、サーモン、アジ、とあと2つ?。
味はちゃんと美味しいです。特にアジとしらす。

折りたたんで盛り付けるときれいだね。
あと、酢飯とネタの間の白ごまがいいなぁ。

それでもやっぱり、食べにくさというか
どう扱ったらいいのか、という問題はあるわけで。
まぁいいんじゃないでしょーか。

Dscf3082
だもんで(?)帰りにやきそばを。
持って帰るつもりだったけど、
あつあつをくれたもんだでせっかくなので
いただきます。うん、おいしい。

そんなこんなの今日の日、です。
Dscf3057
晴れ間と曇りの境目で、ちょうど雲の下だけ雨ふってる。
なんだかちょっと面白いなぁ。

2020年9月 9日 (水)

りんごのある暮らし

Imgp1045
そんなしかちゃんは毎日1個、りんごですよ。
はじめは極早生の恋空りんご。

Imgp1111
次がおなじみ、サンつがる。

Imgp1224
昨日まではきおうを食べて。

Imgp1276
今日からもう一回、恋空を。
時期がちょっと外れてきたから柔らかめ。
でも好きな味だな、これ。

もう少ししたら弘前ふじやときもくる、かな。

というわけで青森産のりんごの季節。
青森行って食べたいなぁ。

Imgp0874
冷蔵庫にラップにくるんで大事に取ってある
ふじの大玉、そろそろ食べちゃおう、かな。

おさぼり、です。

Imgp1088
おさぼりの連絡です。
すっかり更新をしてません。

書こうと思ったことはあるのですが
まぁついつい・・・orz。

ちなみにorzという表現はもはや過去のものですが
僕は個人的にすきです、はい。

最近はお肉を焼いて食べることが多かったので
そんな写真を貼っておきます。

Imgp1093
Imgp1219
Imgp1186
Imgp1277

源タレのゴールドが終わったので
次からは源タレ(オリジナル)で行きます。

しかちゃん、準備はいいですか?

Imgp1106
うん、いいみたい。

2020年8月24日 (月)

吉野家どんぶり

Imgp1081
何年も前にスタンプためてもらった吉野家のどんぶり。
どこにしまったか???だったけれど、
久しぶりに見つけちゃったもんだで、
吉野家の牛丼弁当を買って帰って、どんぶりに。

Imgp1080
しかちゃんだって、「これこれ。もらったね」なんて
もう10年くらい前だと思うけれど思い出している、のかな。

持ち帰りの容器も保温でいいけれど
やっぱり重みのあるどんぶりで食べると
なんだかちょっと、いい感じ。

Imgp1084
しかちゃんだって、お店で食べた気分だね。

2020年8月23日 (日)

こおろぎの音色

2020080107
だいぶ、過ごしやすくなりました。

4つの色とりんご

Imgp1076
黄・緑・赤・桃の4色つかったおかずのリターンマッチをしかちゃんと。
たまごをふわふわにするのはなんだかちょっと難しいなぁ。
ふわふわたまごの黄色が個性的な赤と緑とお肉を
いつも間にか包んでる、そんな感じにしたいんだけどな。

ちょっと工夫をしてみよう、うん。

Imgp1063
実はこっそりリンゴもいっしょに入れてあるよ。
青森からやってきた今年のりんご、恋空りんご。
酸味は少ないけれどさっぱりした香りがあって甘い甘いりんごです。

興味をもつといろんな知識が入ってきてますます興味が出てくるね。
だもんでやっぱり青森へ行きたいなぁ、お買い物と食堂へ。

Imgp1058
Imgp1066
そんなことを思っていると、
おやつもシャイニーのりんごジュースと工藤パンのシベリアを。
なんだか青森のものを選んでみたよ。
けっこう静岡でも青森のものを買えるけれど、
やっぱりピンポイントで欲しいものは行かないと。

Dscf2989
トマトとたまご炒めのアスパラ・ハム入りでごはんです。
並んだ彩りは冷やし中華のほうがいい感じ、かな。

2020年8月20日 (木)

黄・緑・赤・桃の4色

Imgp1040
トマトの赤とアボカドの緑とハムのピンクを
黄色いたまごでひとまとめ。

たまごをかき交ぜすぎたもんでちょっと炒り卵風。
緑をアスパラにしてリトライするよ。

黄・緑・赤・桃の4色でどんな料理ができるかな。

2020年8月15日 (土)

夏のぬけがら

Imgp0995
Imgp0985
まだまだ暑い8月だけれど、
なんとなく雰囲気だけは秋に向かっている、のかな。

Imgp0992
まだ暑いけどね。

「FOURs」

Imgp1008
毎日暑い8月、今日は休み。
音楽を聞こうと、車に乗りこみ市内ドライブ。

大きな音量で音楽を聞くのは実は車のなかが最適で
ヘッドホンなしで周りもあまり気にならないし、
実際に走っているのでドライブ感もあってまぁいいね。

今日はringomusumeの「FOURs」。
(小文字のsは実は上寄せ。どないせーちゅうねん)
2019年3月リリースのアルバムです。

ここ3年ほどはなんだか青森が気にいって機会があるたび、
いや違うな、機会を作って訪れていたけれど
今はこんなで、今年は2月以来行けていない。
本当は5月にりんごの花を見に行きたかったけど。

そんなフラストレーションのなか、
やっぱり行きたい思いもあって
青森の情報をネットを見ているうちに
ringomusumeを目にする機会が増えて、
もちろんいままでも知ってはいたけれど
きちんと押さえていなかったわけで。
当方、そうとうおっさんでもあるわけだし、うん。

ただ、ちゃんと受け止めてみると相当いい。
楽曲もダンスもいいけれど、メンバーの懸命さがいい。
なにより自分たちとりんごを通して青森を盛り上げようとする
その想いがとてもとても伝わるのです。
この調子で書いて行くとアルバムの話にたどり着かないので
それはさてさておきおき
(後日、書きます。どこに魅かれたのか、その魅力は)

というわけで「FOURs」です。
去年のアルバムなので今更ですが、僕が手にしたのは今月なので。

1曲目はインストルメンタルでゆっくりとした始まり。
時を刻む鐘のようなリズムと加わっていくメロディ、
雪解け?明るい日差しを予感させる曲。

2曲目は「101回目の桜」。この曲は通しできちんと聞いた初めての曲。
公式YouTubeのMV。去年は弘前の桜を見に行った分、とても印象深い。
…言葉で説明できません。MVをみて感動してください。
(すでに今日の記事は成り立たないなぁ、言葉で説明できないもの)

3曲目に「1625」。これは公式YouTubeにはアップがないのでこのアルバムで
しっかり聞いたのだけれど、とても好き。曲調も歌詞もいい。
僕みたいに観光で何回か岩木山を見ている程度の者にも
津軽の人が岩木山に持っている想いが伝わる1曲。情景がリアルに思い浮かぶ。
ぜひ大音量で周りを気にせず聞いてもらいたい。

4曲目は「JET GIRL」。「1625」からの連続はずるい。
春から遅めの初夏、そして一気にくる短い夏。そのドライブ感。
ちなみにMVを見てしまうと高確率でringomusumeに惚れてしまいますので
覚悟のある方だけ見てください。ぜひ見ましょう。

もうここまででこのアルバムは素晴らしい。
それぞれの楽曲もいいけれど、このアルバムとしてのまとまりが
1曲1曲にさらに意味を持たせています。

5曲目は「夏ノ蜜柑」。ここでちょっとしんみり感のある曲。
後半に向けていったんちょっと切ないラブソング。
(でいいのかな)

6曲目に「リンゴのうた」。一気にかわいい感じの曲がここで入る。
それまでのちょっと大人びた感じからは変化するのだけれど
この曲もとても好き。合唱曲として広く小学校で歌うといい。
大人も子供もみんないっしょに歌うといい、そんな曲。
夏が終わり、りんごの収穫が始まるその喜びを表現していると
そう思っている。そしてりんごに模して青森から世界へ発信してきた
ringomusumeとリンゴミュージックを合わせて映している、そう思っている。

7曲目は「Ringo disco」。さらにガラッと変わりものすごく背伸びした感じの曲。
でも嫌いじゃない。メロディアスでリズムカルでパワフル。曲として完成度が高い、
そしてそれを力負けすることなく歌いきっている。ringomusumeの実力発揮の1曲。
この曲は国内1位の生産量を誇る青森産りんごの収穫祭だと思っている。
たくさんたくさん実ったりんご達のよろこびのダンス。

8曲目は「snow snow snow」。冬です。長い青森の冬を1曲にまとましたね。
冬のりんご畑はまぁ雪のなかだと思います。雪の12月に岩木山神社から高照神社まで
歩いて行ったのを思いだしますなぁ、大変だった。←まったく関係のない話。
かわいい感じの曲調で「Ringo disco」をリセット。次の春に備えます。
というか、この曲はかわいいにもほどがある。聞けば聞くほどかわいい。
若い時に出会ったら惚れちゃうやつです。いや、おっさんでも惚れる。

9曲目はタイトルチューンでもある「FOURs」。
アルバムタイトルは四季でもあり、ringomusumeの4人も合わせて表している。
この曲はまさにメンバー4人とそこにつながるすべてをうたった1曲。
そう言った意味で他の曲と違い、今の4人のためだけに作られた曲、そう思う。
それ以外の曲はメンバーが変わっていっても歌い継がれるけれど、
この曲だけは今の「とき・王林・J・彩香」の4人で歌ってはじめて意味がある、そんな曲。
そしてringomusumeはこの歌に表される絆を自分たち4人だけではなく、
関わりのあるすべてのみんなとの絆、それを歌った曲としてさらに昇華させた。

このアルバムのほぼすべて作詞作曲は多田慎也氏だがこの曲もそう。
まるでringomusumeそのもののようなこの作詞を彼がひとりで作り上げたとすれば
その一体感はもはや彼もふくめて「RIGOMUSUME」という一つのチームなのだと思う。

多田氏は他の場所で
「(自分は)1000曲の曲を作りたい。そのうち1つでも2つでも
いろんな世代のみんなが知っている、歌える、そんな曲を作りたい。
そしてできればりんご娘とその夢をかなえたい」
そう言っていた(意訳してます。一言一句同じではないです)。

そう言わせる力がrigomusumeにはある。
それは20年続いて受け継いできた想いと
そのベースにある樋川社長のコンセプトが根付いて
今の4人に力を与えている、そう思うのです。
多田氏だけでなく、その他の多くの方がringomusumeに引き付けられ
その構成になりさらにパワーアップする。
だからこそ、見ている僕たちも引き込まれて元気をもらう。うん。

10曲目はおまけです。でも相当いいおまけ。可能性を感じる曲です。

さて、アルバムの話を書こうと思っていたけれど
それ以外のことも書いてしまったので長くなりました。
し、ちょっと中途半端にもなったのでもうちょっとちゃんと書きたいとも思っています。

結論:アルバム「FOURs」買って損なし。一家に1枚備えましょう。
保存用にもう1枚、買おうかな。

Imgp1014
というわけで今日のお昼もringomusumeカラーで冷やし中華。
ここは静岡だもんで、真ん中はみかんにしてみたよ。

あぁ青森にまた旅行、行きたいなぁ。
11月には行けるかなぁ。

#ringomusume
#famertime
#fours

2020年8月12日 (水)

rakraが来たよ。

Imgp0906_20200812162801
いつもは東京に行ったときに八重洲ブックセンタ―で
買ってくるrakra、今回はラクラのHPから通販で。

青森に行きたいなぁと初めに思った2017年、
ちょうど食堂特集の5・6月号(あぁ、ラクラは隔月発行です)で
原食堂さんのカツ丼が載っていて、それがとても美味しそうで。
もしrakraを手にしていなかったら青森の旅は1回で終わっていたかも。

Imgp0907_20200812162801

思えば2019年度は52週のうち延べ2週分、青森にいたけれど
まだまだ知らない面白そうな場所、おいしそうなもの、
行ってみたいところ、いっぱいあるなぁ。

Imgp0908_20200812162801
青森、岩手、秋田の3県にまたがる情報誌だけれど
これだけ上質は雑誌は全国をみてもなかなかないと思う。
きれいな写真と見やすくセンスのいいレイアウト、
つぼを押さえた特集と広告のすくない記事。

年6回の発行で101号を迎えたこの雑誌が
質を落としたり、変に軽薄なったりせず
しっかり紡ぎ出されている、ということに
北東北の底力というかその魅力を感じるのです。

というわけで、また旅行に行きたいなぁ。
行けるといいなぁ。

Dscf4868
これが当時しかちゃんが見ていた原食堂さんのカツ丼。
原食堂さんはもう2年くらい行けてないなぁ。
また行きたいなぁ。
ちなみに僕がホテル青森を選んだ理由のひとつは
原食堂さんまで歩いて行ける場所、だからです。
うん、正解。

Dscf5558
これこれ、間違いないやつ。

なんて話をringomusumeの「FOURs」を聞きながら。
ますます行きたくなっちゃうね。

2020年8月 2日 (日)

夏ノ蜜柑

Imgp0772
3月のころに買って、大事に取っておいた
甘夏みかんのスルガエレガント。
思い立って食べてみる。

びっくりするくらいジューシーでフレッシュ。
乾燥しないようにラップにくるんで
冷蔵庫で保管していたけれど、すごいなぁ。

とってもおいしくいただきました。

«そして8月