2017年5月29日 (月)

ミニトマトのあさ

2017052804


しかちゃん、
トマトはおおきくなった、かな?


2017052801


そんないつもとおなじいつかの朝。
朝が晴れだとうれしいね。


2017052803

2017年5月28日 (日)

おやつはたい焼き

Dscf5814


ここのたい焼きはいつでも普通においしい。
だから、いつでも好きなおやつなのです。

2017年5月25日 (木)

ネタ帳

Dscf5769


・他の街を見て考える街のコンセプト
・コンパクトカメラの使い方
・縄文という文化を考える
・静岡の街の歴史はいつ始まったのか


チェリーを食べながらしかちゃんも
何を書こうか、考えているのかな。

2017年5月23日 (火)

遠く遠くの食堂で

Dscf5558


青森でのある日の晩ごはんに食べた、
食堂のかつ丼。
とても美味しかったし、味噌汁も美味しかった。


食堂のご主人さんはとても丁寧な態度と言葉使いで
白衣もとても綺麗でお店も厨房も使い込まれているけど整っている。


あとから(たぶん)近所のおっちゃんがご飯食べに来た。
おっちゃんはすごくざっくばらんに話していたけど
ご主人はとても丁寧な言葉使いでお話していた。
それがすごくよかった。


丁寧さ、誠実さ、とても大切な事を教わった。
そう思ったよ。


Dscf5557


いつか、また行きたいな。
ふつうにご飯を食べに。

飾りたくなる写真と

Dscf5777


ようやく少しずつ
スキャンをはじめた青森の写真。
りんご公園で撮った写真はいっぱいだけれど
どれも飽きずに楽しい感じを振り返り。


そんなのを横目にしかちゃんは
「これが1番いいよ」なんて
お気に入りの1枚をスタンド立てて眺めてる。
うん、そうだね。
ちいさいXQ-1で撮った1枚だけれど、
その時の楽しい感じが思い出されるね。


どんなカメラで撮ったよりも
そんな飾りたくなる1枚が撮れたから
やっぱり青森の旅は楽しかった、そう思う。


また行きたいな、うん。


Dscf5758


というわけで、フィルムで撮った写真はりんご公園の写真の途中です。
だもんで、まだまだなのです、うん。

2017年5月21日 (日)

「春」のおわりに

Sdim1970


青森旅行中の弘前公園。
ちょうど見ごろのさかりに散り始めた八重桜に
そんなことを思いましたよ。


ちょっと片隅にあって、
でもとても見事な桜の木。
どれだけの人が気が付いたかな。
僕にはこの春最高の1本。


息をのむような、そんな景色の感覚を
写真に撮って伝える、ということは
やっぱりとても難しい。


それでも、自分の目で見た景色を
ちゃんと覚えていれば、いやいや忘れてしまっても
自分が心惹かれた瞬間だけを覚えていれば大丈夫。


りくりく歩いて、いろいろと
いろんな季節を見つけたいな。


Sdim1964


5月も後半。
梅雨のまえの五月晴れ。
そんな感じの陽気です。

2017年5月17日 (水)

備忘録というなのメモ

Dscf5317


そんなこんなでほぼ初めての青森の旅も無事おわり、
いろんなところでもらったパンフレット、たくさん撮った写真と
山盛りのお土産に囲まれながら、明日から仕事です。


例のごとく、たぶん旅行記は書けない、
かもしれないので備忘録。


<日程>
【一日目】
新幹線で八戸へ。
東京駅からはグランクラス、飲み物・軽食・おやつ付き。
乗り心地は素晴らしく、3時間以上乗っても乗りつかれない。
八戸駅前でレンタカー(ビッツ)を借りる。
是川縄文館、展示のレベルにも驚くけれど当時の漆器のすばらしさ。
ユニバースでお買い物、発酵バターの塩パンがおいしい。
櫛引八幡宮、国宝の大鎧。白糸縅のセンスの良さ。八幡駒。
根城の広場、中世の城郭がよくわかる。博物館は時間切れ。
閉店間際の八食センター、ごっこのから揚げ、生タコてんぷら。
八戸から新幹線経由で弘前まで。
特定区間は立席で乗れる東北新幹線。
普通駅弁が買えずに特殊駅弁を購入。
ちょっと迷いながらホテルまで。
ここのホテルはひどかった(笑)


Dscf4974


【二日目】
早々にチェックアウト、駅のコインロッカーで荷物。
タクシーでりんご公園。大変すばらしい。
りんご祭りの屋台で津軽そばとお土産にアップルパイ。
のぶりん号(バス)で弘前城。新緑と八重桜。
大きい城、4万石とは思えない。
旧図書館と青森銀行の洋館見学。
よせばいいのに駅でめかぶそば。
JRで青森駅へ。
宿泊のホテル青森は駅からちょっと遠くて街あるき。
ユニバースでまぐろのお寿司、おいしい。


Dscf5139_2


【三日目】
ホテルでご飯。品数は少な目だけでしっかりおいしい。
駅へ向かう途中で善知鳥神社を見つけてご参拝。
古川市場でのっけ丼、アウガの生鮮市場もおもしろい。
市営バスで三内丸山遺跡。いい天気と新緑と遠くに八甲田山。
県立美術館であおもり犬にごあいさつ。
やっぱりバスで駅前へ。
青函連絡船とワ・ラッセ(ねぶたの家)を見学。
晩ごはんはちょっと(かなり)歩いて原食堂でかつ丼を。
とっても丁寧なご主人。きっとなんでも旨いだろうなぁ。
ホテルはとても快適。


Dscf5344


【四日目】
ホテルでご飯、おかわり。
街歩きをしながら県立青森郷土館。
個人の資料用なら写真も撮れて展示品もたくさんで分かりやすい。
お昼ごはんは貝焼きみそを定食で。
三角形のアスパムでお土産選び。
青森駅から新青森駅へ一駅分の移動。
新青森駅はどうもなんだか余所行きで青森らしくない。
お昼過ぎだから駅弁も種類が少ないけど2つ買る。
帰りもなぜかグランクラスで東京へ。
静岡まではこだま号。1号車まで満員ですよ。


Dscf5589


青森は見るところがたくさんで楽しかった。
また行きたい。


Dscf5596


縄文という時代もとても興味深いし、
青森という街の成り立ちも面白い。
街のコンセプトと歴史過程とその保存と意識。
まだまだ面白いものがたくさんありそう。
下北エリアにも行きたいし、十三湊にも行きたい。
りんご公園はまた行きたい。


まだまだ仕事に行きたくないなぁ。


Sdim1986

2017年5月16日 (火)

帰ってきたよ。

Dscf5558


ただいま、なのです。

2017年5月12日 (金)

グランクラスでかつ丼を

Dscf4781


食べに行くわけではないですよ。
しかちゃん、分かっているのかな。
いやいや、食べるかもしれないけれど。


3月に取った1週間のお休みは2016年度分、
そして今また1週間のお休み中は2017年度。
まぁ、お休みをいただけるだけいいのです。


そんなこんなで明日から今度は青森へしかちゃんと。


Dscf4869


グランクラスで八戸へ。
切符を買いに行ったら「空いてます」なんていうから取っちゃった。
たのしみたのしみ。


青森は前に1度、日帰り(笑)出張で行っただけ。
あまりなじみがないからいろいろ見たくて
今回はけっこう移動する予定。
八戸から弘前行って、残りの2日は青森で。


行きたいところがいっぱいあって、どうしようかな。


Dscf4630


しかちゃんは前に食べたとりめし弁当を思い出している、のかな。
それとも、「このかつ丼、食べに行くよ」なんて思っているかな。


お天気がななめ気味でそれだけちょっと残念だけど
それも含めて「旅」ですよ。


というわけで行ってきます。
火曜日の夜に帰ってきてなかったら心配してください(笑)


 *****


いろいろキーワードはメモしたけれど、備忘録


青森県観光情報サイト


東北食べ歩き  (→たまたま見つけた個人ブログだけど面白いよ)


古川市場ののっけ丼


是川縄文館  (→これがあるから八戸へ行くのです)


弘前公園


りんご公園


菜の花フェスティバル


シネマ・ディクト


カブセンター


ユニバース


全部は行けないけれど、無理しないように楽しみます。

2017年5月11日 (木)

おまちの公園

Dscf4789


十何年かぶりにはいたジーンズに
懐かしいような余所行きのような、
そんな不思議な感覚に。


バスで街までお散歩へ。
床屋へ行って、駿府公園。
どこの広場もしろつめ草の草原いっぱい。


Dscf4828


5月半ば、気温はすっかり真夏日で。
お濠のカメも甲羅干しからの水泳大会、
みんなでいっしょに泳いでいたね。


Dscf4813


 *****


Dscf4862


そんな今日のお昼ごはんは市役所で。
チキンソテーにアジフライ、ごちそうさま。

2017年5月 7日 (日)

ふつうの休日

2017050316


久しぶりに服を買って、
本屋へ行って、
料理して。


2017043009


そんなふつうの休日。


2017042009


しかちゃんはどこか遊びに行く方がたのしい、のかな。

2017年5月 4日 (木)

準備はいいかな?

2017043006


うん、いいみたい。

2017年5月 3日 (水)

【ふんわりな街】

Dscf4694


このところ、ここに書いたりフェイスブックに書いたりしている
都市空間としての静岡市の魅力はなんぞや、という話。


コンセプトの軸として静岡市のイメージとは何かを
考えたり検索したりしていたわけで。


東京都民へのアンケートではお茶・富士山・サクラエビ・しぞーかおでん。
それぞれ大事な構成要素だけれど、軸になるにはちょっと違う。


で、今日。D-labo静岡でスタッフさまと雑談させていただいて
「ふんわり」というキーワードを頂いたわけです。(ありがとうございます)
すごく納得した、というか腑に落ちた。
いいじゃん、それで。「ふんわりな街」


静岡市の気質は基本的にのんびり。
浜松のような「やらまいか」な精神はほぼない。
それは悪く言えばいえる点だけれど、
それを逆手にとってもまあいいんじゃないか。
「都市のくせにのんびりしてる、ふんわりな街」


そんな「ふんわり」なニーズを一手に引き受ければどうですかね。
「のんびり」でもなく、「ゆるい」でもなく、「温暖」でもなく、「ふんわり」。
このわかるようなわからんような、それでいてイメージが伝わる
そんなキーワード。


そんなキーワードだからどんな構成要素も紐づけできる。
(できなくても無理やりできる)


わざとらしさが出ると逆に賢しらに映るけど、
基本的にののほんとしている気質だからそんなに違和感がない。
ただ、それに徹することができるかどうか、だなぁ。
無駄にプライドが高かったりするとダメなんだよな、このプラン。


城北公園でなんじゃもんじゃが満開手前で見ごろだった今日。
そんな木のしたでお花見しているみんなは
なんだかそれだけで楽しそうだった。
そんな幸せ。
それは大切な「ふんわり」なのだ。


Dscf4669


街に人が居着くためには
「そこで暮らしたい」もしくは「そこで暮らしてもいいよ」
この二つのどちらかにかすらなければならない。


一つは暮らしやすいこと。
はっきり言えば暮らしにかかるコストの問題。
直接金銭的なコストももちろん、時間的なコストもある。
むしろ時間的コストのほうが都市によって差が出るのだと思う。
生活に関することでの要望に対してそれの実現にたどり着くまでの時間。
かかる時間=コスト。
これは行政的な問題だけではなくて、単純に移動距離も関係する。
あるいは必要な物を手に入れるまで手段・時間がかかるなんていうのもこれ。
暮らしやすい街かどうかは意外とこれが重要なんだと思うな。


高性能でなくてもいいから機能性の高いもの。
車でもカメラでも家電でも人気のある機種はきっとそうだ。


一番いいのは高性能で機能的。
これは言ってみれば東京だ。
ただ「高性能はいらない」、そんなユーザーはいる。
「必要としない機能がついているのはむしろ機能性を落としている」
そうゆうこと。


ちょうどいいところにちょうどいいものが必要なだけ配置さえている。
おぉ、都市計画はマテハンだったのか。そうかそうか。


もう一つは郷土愛。
薄っぺらい精神論になりそうで困惑もするけれど、
これはけっこう重要。
ようするに「何年かたったら帰ってくる(帰ってもいい)」そう思えるかどうか。


今はちょうど浜松まつり。
あれはまさにそうだと思う。
焼津の荒まつりもそう。
そんなコアになりうる行事が続いている、それは強み。
一年の節目になるようなイベントにむけて実はこっそり日々準備する。
そういうことが静岡の街にはない。


年に一回、他県に出ていた人が故郷を思い出すイベント
それがあるのとないのでは大きな違いなんだ、うん。


歴史的建造物や大規模な伝統行事のない静岡では
秋の大道芸ワールドカップがそれになりうる、かもしれない。
けど、ちょっと何かが足りない。そんな気がする。


Dscf4703


『ふんわりな街 静岡』 どうですか。

2017年5月 1日 (月)

5月になって、

2017043003


こいのぼりといっしょにしかちゃんも
みんなそろってご相談。
飾りつけは決まった、かな。

2017年4月30日 (日)

今日のしかちゃん

Dscf4642


そろそろお茶の季節だからしかちゃんも
葉っぱといっしょにこんにちは。


Dscf4632


鯉のぼりも元気だね。

街のコンセプト

Sdim1888


Sdim1877


何日か前、久しぶりに東京へ。


東京って街はなんだろ、とても美しいな。
そう思った。
都市機能は圧倒的に優れているし、
ちょっと歩けば下町もある。
なにより緑が多い。
高くておいしいものもいっぱいあるし、
安くて旨いものもいっぱいある。
交通網も整っている。


そりゃ、地方から人が行くわけだよ。


で、静岡の人口問題を考えてみる。
いくつかの歴史的前提があって、
「現代の都市の規模と役割は江戸時代の藩規模によって決まる」
そう思っている。


たとえば学生時代に暮らした岡山は
江戸時代、池田の殿様の大藩で
都市機能はほぼ岡山市に集約されている。
岡山市・倉敷市・津山市に県の人口の70~80%が集中している。
一方、静岡はどうかといえば、
静岡市・浜松市・沼津市で県人口のだいたい半分くらいで
それ以外にも10万人以上の街が東海道に沿って連なっている。
要するに中規模都市だらけなのだ。


東京から名古屋までそれは同様で、
しかも新幹線で東京や名古屋まで1時間半あれば行けてしまう。
十分日帰りの行動範囲だ。


もうひとつ、静岡市の特徴として
「昔から人が住み着いている割にそれが連続していない」
実はこれが致命的なのだと思っている。
暮らしと文化が目に見える、もしくは感じられる範囲で連続いていない。


登呂遺跡の時代はいろいろ分かる。
でも古代から中世初頭までどこでだれが何があったかが分からない。
今川が作り、代を重ねた街は武田に焼かれ、いわゆる「古刹」はない。
武田は江尻を拠点として、そのとき駿府はどうなっていたのかわからない。


その後、家康が街を作る。
幕領だったため、いわゆる家や藩としての一体感と文化の熟成が弱いまま、
戦前の大火と空襲で2度焼かれたために江戸時代のものもない。
残っているのは町割りだけ。


お祭りでも、静岡は廿日会祭だけれど他の地域にくらべてどうだろうか。
焼津の荒祭り、藤枝大祭、掛川大祭、島田の帯祭り、どうだろう
これらほど街を挙げて全体で未来へつないでいるだろうか。
逆に秋の大道芸は現代の祭りとしてこれに準ずるような位置を
作りつつあり、これはとてもいいことだと思う。


都市機能として大都会にかなわず、
街の緑化でもかなわず、
歴史的な重みもない。
それをきちんと認識してこれからの静岡の街をどうするか、
そこからだと思うんだ。


都会の真似をしても絶対負ける。
何が強みなのか、強みにするのか、それを考えないと。


Sdim1894


だからさ、肉フェスとかやってる場合じゃないと思うな。
そもそも、GWにだよ一企業の営業活動のために
街中心部の市民公園が占有される、ってありなの?
市はなにを考えてるんだろ。


静岡の街のコンセプトはなんですか?


どこに軸を置くのか、それが重要。
そうじゃなければ人口減少っておさまらない、そう思うな。
(あと、アピールが下手だと思う、他の都市とくらべて)


2017041755


背伸びせずに普通に暮らせる街、ってのも地味だけどいいよね。
高いレベルで実現するのは大変だけどね。

2017年4月23日 (日)

ある日のしかちゃん

2017042010


フラワーパークでしかちゃんも
ちいさいお花にかこまれて、みんないっしょに写真だね。

2017年4月17日 (月)

しばざくら

2017041705


雨の降る前にしかちゃんも、
しばざくらといっしょにころころと。

2017年4月16日 (日)

「櫻」から春へ

Dscf4313


いつの間にかハナミズキがそっと「顔を出そうかな?」なんて頃、
金木犀だって新芽の季節。


今年はまだまだ「櫻」の季節。


そういえば、今年はつばめが街にやってくるのも遅かったね。
「もしかしたら、みんな櫻を目印に自分の街に帰ってくる、のかな。」
そんなはずはないけれど、そんなことを思ったら
やっぱりなんだか、ちょっと楽しい。


Dscf4318

2017年4月13日 (木)

夜のまえ

Dscf4298


いろんな色の空

まかじきと牡蠣で

Dscf4312


フライですよ。
ちょっとほかのことしていたら油の温度が上がりすぎて
焦げちゃったのが残念無念。


わらびも似たけど、上手にアク抜きするのは難しいなぁ。


Dscf4277_2


4月もまんなか、ようやく櫻も見ごろだね。

2017年4月10日 (月)

ラーメンチャーハン

Dscf4251


曇りの今日は駿府公園でお花見を。
お昼はやっぱり市役所で。


ラーメンとチャーハン、から揚げ付きでおなかいっぱい。
ごちそうさま。


Dscf4260


公園の櫻はだいたい今が見ごろ、かな。
まだつぼみもあったから来週は桜吹雪がきれい、かな。

2017年4月 9日 (日)

朝比奈郷でお花見散歩

Dscf4190


ちょっと日差しがあるようなないような曇り空、
それでも櫻をながめに朝比奈へ。


Dscf4183


まだ満開のちょっと前。
来週、また来れるかな。


 *****


Dscf4178


そんな今日はお弁当作ってみましたよ。
鮭が焦げてるのは西京みそに付けたから。
たまご焼きとから揚げと、あらめとさとうさやの煮びたしで、
野菜がちょっと足りない、ね。

2017年4月 2日 (日)

廿日会祭へお散歩で

Dscf4083


4月のお祭りは浅間さんの廿日会祭。
駿府公園じゃなくて、浅間神社へお散歩へ。


Dscf4076


櫻はまだ咲いていない、そんな珍しい4月の静岡。
一番最初に咲くお堀端もまだまだこれから。


それでも山桜系の1本は赤い新芽といっしょに咲き始め。
にぎわいすぎている公園からすこし外れて外堀のお堀端。


花壇を眺めながらりくりくと。
櫻はまだだけど、ほかのみんなはすっかり4月。
いろんなみんなが咲いているね。


Dscf4060


お弁当つくってしかちゃんもすこしは春を感じたかな。
櫻はきっと来週くらいが見ごろだから、また行こう。


Dscf4108


Dscf4127


Dscf4135


廿日会祭は5日までだからしかちゃんもお祭りのパンフレットを見ながら
「5日はいろいろ見られるね」なんて予習中。


そんなこんなで今日は久しぶりにちゃんとした写真が(フィルムで)撮れた、そんな日。
さてさてスキャンしようかな。
(んっ、高松のフィルムそのままだ…)


 *****


Dscf4050


そしてもう4月になりましたが
ようやくしかちゃんカレンダーも出来上がり、ですよ。

2017年3月31日 (金)

たけのこあらめ

Dscf4031


今日は季節の料理でたけのこあらめを作ったよ。
あらめはすぐに戻るしたけのこは水煮だから、
あっという間に出来ちゃうけれど、今が季節の料理です。


たけのこにはワカメなんてよく言うけれど
この辺りではたけのこさんにはあらめなのです。


おんなじ味付けで切干だいこん煮たら甘すぎた。
なかなかちょっと難しいな。
たまご焼きにはねぎと用宗のしらす入り。


Dscf4029


あらめはまだ半分残ってるから、また作ろう。
(というか、作るというほどのものでもない、うん)

2017年3月26日 (日)

今日はとんかつ

Dscf4014


きんぴらごぼうも作ったよ。

2017年3月22日 (水)

高松旅日記:写真だけ⑨

晩ごはんはとんかつで。


Dscf3371


Dscf3367


Dscf3370


Dscf3374


Dscf3375


Dscf3378


Dscf3380


Dscf3386


Dscf3388


Dscf3389_2


Dscf3394


Dscf3405


3日目ももうおしまい、みんなでお話しているのかな。

高松旅日記:写真だけ⑧

おうどん食べて琴平あるき。


Dscf3314


Dscf3319
これがうわさのたどり着けないうどん屋さん。


Dscf3323


Dscf3325


Dscf3332


Dscf3333


Dscf3334


Dscf3336


Dscf3344


Dscf3346


Dscf3352


Dscf3354


Dscf3358


Dscf3364


まんのう公園までは行けなかったからまた今度。

高松旅日記:写真だけ⑦

3日目はことことことでんでことひらへ。


Dscf3225


Dscf3231


Dscf3237


Dscf3253


Dscf3261


Dscf3264


Dscf3284


Dscf3287


Dscf3301


Dscf3307


金比羅さんへ登ったよ。

2017年3月20日 (月)

高松旅日記:写真だけ⑥

午後は商店街。宮脇書店は目的地です!


Dscf3177


Dscf3178


Dscf3190


Dscf3194


Dscf3217


Dscf3219


旅先なのにいっぱい本を買い込んで、
晩ごはんはホテルのレストランで。

高松旅日記:写真だけ⑤

やってきたのは四国村。


Dscf3141


Dscf3143


Dscf3151


Dscf3153


Dscf3154


Dscf3156


Dscf3158


Dscf3161


Dscf3169


Dscf3170


お昼ごはんはわら屋でおうどん。

高松旅日記:写真だけ④

2日目ですよ。


Dscf3105


Dscf3104


Dscf3108


Dscf3112


Dscf3118


Dscf3123


Dscf3125


Dscf3130


目的地はどこなのかな。

たまには奈良へ

Dscf3889


昨日と今日は連休で、
そんな昨日は久しぶりに奈良までおさんぽ。
久しぶりと言っても5か月ぶりだから遠さを考えれば
そんなに「久しぶり」でもない、なんて話はさてさておきおき。


Dscf3878


朝ごはんにおそばを食べて、近鉄乗って奈良駅へ。
興福寺で国宝館の代わりに仮講堂でほとけさん。


10時過ぎに着いたから、もう結構たくさんの人。
それでもちゃんと見学できて、
お堂で見るのはやっぱりちょっと感じがちがっていいなぁ。


興福寺の国宝館はレイアウトやライティングのレベルが群を抜いて高くて
いつも感心するのだけれど、これはこれでいいものです。


Dscf3904


Dscf3907


朝一番で目的を果たしたので(笑)あとはゆっくりおさんぽあるき。
いつもの柿の木がある広場でしかさんwithしかちゃんと。


Sdim1684


ほんとはもうここだけで奈良は満足、そんな場所。


今日は連休で日曜日で、若草山もおやすみ明けで人がいっぱい。
それでもここはゆっくりできる、そんな場所。


それでもせっかく久しぶりに来たかからちょっと歩いて2月堂。
お水取りの時期にお休みもらっていたから高松と悩んだんだ。
お堂のまわりはまだ格子が残っていて、
「あーこんな感じなんだ、あそこまで近づけるんだ。」なんて
思いながら、しかちゃんと。


Dscf3932


ごはんはいつもの絵馬堂茶屋できつねうどんを定食で。
この前来た時にはいっぱいで入れなかったから、
ここはほんとに久しぶり。かやくご飯も久しぶり。


Dscf3920


Dscf3922


あとは東大寺へ行って大仏さん。
今日はそんなに歩いていないから国立博物館も行っちゃおう。
トーハクのパスポートで入れるしね。


それから今日は商店街を歩いてみたよ。
ひとつずつ見ていくと、いろんなお店があっておまち歩きも面白そう。


Dscf3974


そんなこんなで京都に戻って、お土産にやきもち買って満足まんぞく。
けっきょく、けっこう歩いたね。

2017年3月18日 (土)

高松旅日記:写真だけ③

はじめて行った八嶋城。


Dscf3034


Dscf3051


Dscf3050


Dscf3055


Dscf3064


Dscf3066


Dscf3072


Dscf3082


Dscf3093


Dscf3098


ちょっと繁華街から離れたホテルにたどり着いて、
なかなか盛りだくさんの一日目。

高松旅日記:写真だけ②

1日目、ご飯のあとは屋島へね。


Dscf2946


Dscf2958


Dscf2955


Dscf2959


Dscf2970


Dscf2980


Dscf2981


Dscf2996


Dscf3002


Dscf3004


Dscf3031


Dscf3026


土曜日だったから水族館もにぎわっていたね。

高松旅日記:写真だけ➀

じゃこやでご飯の一日目。


Dscf2866


Dscf2864


Dscf2883


Dscf2902


Dscf2909


Dscf2910


Dscf2916


Dscf2913


Dscf2925


Dscf2934


Dscf2929


Dscf2941


Dscf2943


(気が向いたら、日記書きます。かもかも)

2017年3月 8日 (水)

本屋と本と。

Dscf3753


本屋というものは一見、「どこにあるお店でも同じものを売っている」
そう思うかもしれないけれど、実はそこに大きな落とし穴がある。
(本屋でどこでも同じように売っているのは雑誌くらいなのだ)


なんていうのは大げさかもしれないけれど
本屋の店先で「お!」って興味を引いた本はその場で手に入れないと
二度と出会えない、もしくはすごく入手に苦労する。
そう思うな、うん。


旅先の宮脇書店本店でがっつり本を買ったけど、
今日、静岡市内の本屋で同じ本は目に入らなかった。
やっぱり、そういうこと。


静岡市は駅前市街地に大きな本屋が何件もあって
地方都市としては恵まれている。
郊外の中規模書店もそれなりに残っている。


普段はまったく問題なくて十分なんだけれど
たまに物足りなくなって東京の八重洲ブックセンターや
丸善本店(日本橋より丸の内の方が好きだな)へ行く。


そんな中で香川県高松市の宮脇書店本店はパラダイス。
今回はお弁当関係の本がいくつも目に入った。


本屋において、この「目に入る」というのが重要で、
新しい知識の入り口との出会いだとそう思う。


視界に入る、オーラが届く、手に取って感じる。
それは実店舗の意味がそこにある。
ネットで探すのは楽かもしれないし、
目的の本が決まっているときは有効。あと、取り寄せるときとか。
でもいい本屋の店先には必ず何か出会いがある


宮脇書店総本店へも行きたいと思いつつ、場所的に旅では行きにくい。
でもいつか行きたい、うん。


Dscf3217


ま、そんな独り言です。
ちなみに
「ことちゃん&ことみちゃんのことでんで行く高松新発見の旅」は
新刊当時は全国で販売されて、まあいいかと買わなかったのですが
やっぱり欲しくなって、「高松だったら売っているだろ」と購入。
それ以外はすべて衝動買い。

ラーメンライス

Dscf3748


今日のお昼はまたまた市役所食堂で。
ごはんと醤油ラーメンでラーメンライス。
ご飯が隣にくるだけで、すっかりおかずのラーメンと。


そんな今日はいい天気。


Dscf3744


青葉公園のごろんといっしょにしかちゃんも
晴れ空みながらいい気分、なのかな。


 *****


さてさて、4回目の高松旅行の旅日記。
ちゃんと書くつもりですが、つもりです(笑)。
2008年をピークに年々文才が枯れていく日々に
どう立ち向かうか、が目下の課題。

2017年3月 3日 (金)

ちょとそこの遠くまで

Dscf5948


そんなこんなでせっかくのお休みなので
明日からちょっとそこの遠くまでしかちゃんと
おさんぽの旅に出かけます、です。


2014070132


2015120707


2014070145


しかちゃん、今度はどんな何かが見つかるかな。


Dscf5917


4回目(かな?)の香川の旅、行ってきます。


 ******


自分の参考用リンク
ことでん

うどん関係

うどん県

おまちあるき

Dscf2852


実は昨日から1週間のお休みで。
今日はおまちでおさんぽ。


Dscf2859


東静岡駅まで行ったついでに富士見そば。
山菜そばは実はちょっと高額メニュー(笑)だけど
よくある山菜水煮とちがってちょっと大きい山菜が
たっぷり山盛りでたまに食べたくなる、うん。


Dscf2850


明日からちょっと出かけます。

2017年3月 2日 (木)

ポッポでごはん

Dscf2822


あんかけラーメンのサンマー麺をしかちゃんと。


ポッポのラーメンはけっこう意外と美味しいのだ。

2017年2月26日 (日)

日向ぼっこの日

2017022609


2017022607


2017022602


しかちゃんだけじゃなくって、
ねこもベンチでゆっくりしているね。

2017年2月25日 (土)

フラワーパーク

2017021630


2017021618


2017021614


浜松には花がテーマの大きな公園がいくつもあるから
ちょっぴりしかちゃんだって、うらやましいのかもね。


いつかのフラワーパークでしかちゃんと。
そんな「いつか」はもう10日まえ。
明日はどんな何かが見つかる、かな。

2017年2月16日 (木)

家庭で作るとんかつ考

Dscf2774


なんて、そんな大した話ではなく、
今日も思い立ってとんかつ作り。
1~2枚分くらいを作るのはすっかり簡単。


でね、
とんかつはバッタを使わないほうがおいしい、そう思うな。
打ち粉と溶き卵とパン粉、十分おいしい。


バッタを使うと手間は省けるかもしれないけれど
その部分がおいしくないとせっかくの中身もおいしくなくなる、
そんな気がするな。


で、おいしいバッタ液ってけっこう案外むずかしい。
だったらないほうがいいな、そう思うよ。


というわけで今日のとんかつもおいしく出来ました、のです。

2017年2月12日 (日)

おだやかな日

Dscf2722


そんな今日はちょっと離れた近所(?)の河津櫻をながめに
しかちゃんと。


Dscf2718


Dscf2716


なんとなく天気もいいし、風もないから
思いついて登呂遺跡までお散歩あるき。


バスで駅まで行って、そこから家まで
2回目おさんぽ。


Dscf2729


久しぶりに駅でおそばを食べて
(電車は乗ってないけどね)


Dscf2731


「おまち」を抜けて駒形へ


Dscf2735


パン屋さんでパン買って、2つは近くの公園で。


思いがけずにけっこう歩いたお散歩日和。


2017021201


河津櫻といっしょにしかちゃんも。
もう少ししたら、また来ようね。

2017年2月 5日 (日)

今日はとんかつ

Dscf2694


たまご焼きもそうだけれど、
自分で実際に作ってみるといろんなことがよくわかる。


「お店で出せれる」を考えなければとんかつはそんなに難しくない。
出来るだけ薄く打ち粉をして玉子を通してパン粉をつけて揚げるだけ。


Dscf2590


Dscf2591


Dscf2595


この前はモモで作った小さいカツ。
今日はロースでとんかつを。
なかなか美味しく出来ました、のです。


Dscf2698


ソースはもちろんウスターですよ。

2017年2月 3日 (金)

お昼はシチュー

Dscf2614


今日の食堂「市役所」、Bランチはビーフシチュー。
お肉もごろごろ、結構ちゃんとしたシチューです。
節分だからっておまけに福豆、ちいさいの。
うれしくなってしかちゃんもなんだか笑っているね。

2017年2月 2日 (木)

準備はいいかな

Dscf2573


節分豆まきの準備はいいかな、しかちゃんも。
なんだかお菓子の支度ばかりだね。


Dscf2567


「うん、食べる準備も出来てるよ」なんて思っている、のかな。


Dscf2578


そんな今日はきれいな空の富士山日和。
海の向こうの伊豆の向こうに見えていたのは房総半島かな。


Dscf2603


久しぶりのスマル亭だって美味しいね。

2017年1月29日 (日)

佐鳴湖あるき

Dscf2536


そんな今日のお散歩先は佐鳴湖で。


Dscf2534


Dscf2556


おやつはお団子。

2017年1月22日 (日)

甘いは旨い

Dscf2517


そんな日本橋弁松の甘煮です。
しっかりした濃い味付けだけどごぼうはちゃんと香りがするし
他のもみんな自分の味が分かってる。


味も濃いのに風味もある、って不思議だなぁ。
でもこれはしあわせな旨さだな、うん。

ぼく、ここだよ

2017012007


なんだかそんな感じでさえずっていたね。


 *****


そんなこんなで雨が降りそうな日に
まともな写真を撮りに久能山へ。


そして本当にまともな写真を撮ってしまい
「らしくないなぁ」なんて自分で思ってしまうのはどうなのか。


たかが知れてる、といえばそのとおり。

2017年1月20日 (金)

今日はおやすみ

Dscf2404


Dscf2399


Dscf2413


Dscf2414


久能山に行ったり、
本を買ったり、そんな一日。

2017年1月17日 (火)

帰路

Dscf2372


東京駅から

2017年1月15日 (日)

信号待ち

Dscf2320


なんかね、ほほえましいね。

お散歩あるきを東京で

Dscf2302


Dscf2285


Dscf2284


Dscf2291


Dscf2317


Dscf2335


Dscf2345


思い立って東京へ。
スカイツリーを見上げて、郵政博物館。
かっぱ橋から上野までりくりくりくりくお散歩あるき。


そんな今日の晩ごはんは久しぶりの並六ですよ。
甘いは旨いの甘煮(うまに)はやっぱり美味しい、うん。

2017年1月 8日 (日)

七草雑炊とたまご焼き

Dscf2216


「七草粥は昨日食べたから、今日はどうしよう」なんてしかちゃんが。


Dscf2215


七草きざんでご飯といっしょに雑炊に。


Dscf2206


おかずは今年初めてのたまご焼き。


Dscf2220


薄味の雑炊は思ったより美味しくて、
なかなか上手に出来ました、ですよ。


 *****


Dscf2234


ちょっと台所用品を買いに行ったら、目が合って。
たぬきの湯飲みとこんにちは、なのです。

2017年1月 5日 (木)

1月5日のお正月

Dscf2089


ようやくお休みの1月5日。
遅ればせながらお正月っ。


Dscf2094


Dscf2097


初詣のお散歩へ。


Dscf2098


Dscf2090


しかちゃん、すこしはお正月きぶんになった、かな。

2017年1月 1日 (日)

撮り初め

Dscf2003


XQ1で日本坂のパーキング。
そんな仕事の帰りの寄り道で。

お雑煮を夕食に

Dscf2026


新年はじめの今日も仕事へ行ってきましたので
おせちとお雑煮は夕食に。


Dscf2024


煮しめも食べて、おいしいね。

新しい今年

Dscf1956


あけましておめでとうございます。
ちいさなカレンダーといっしょにしかちゃんも
「今日から新しい今年だねっ」なんて思っているのかな。

なにはともあれ、今年もよろしくお願いいたします。

«明日は来年。