« 菜の花さくら | トップページ | おたがいに »

父 ~6~

Sdim14479

毎年の3月15日に僕は、いちごのショートケーキを食べる。
むかしからあるようないちごのケーキ。

僕が子供のころは、コンビニなどまだなくてスーパーマーケットも今のように
広い店内にいろいろなものを置いてあるわけではなく、
ケーキってのはやっぱりすごく特別な食べものだった。

誕生日やクリスマス以外にはまずお目にかからなかった。
そして、それはケーキ屋さんのケーキだった。
(それしか、「ケーキ」ってなかったね、あの頃は)
ちなみにそのケーキ屋さんは今はほとんどパン屋さんになっているけれど、
ケーキも今でもやっていて前を通るとなんだかちょっとだけ嬉しくなる。

それはさておき、
そうすると、当然ながら父もそんな甘い「特別」なものを口にするのはそんな機会の
ときだけで、けっこう嬉しそうに食べていた。そんな気がしている。

いつの頃からかな、平成がはじまった最初の3月に他界した父をしのぶこの日に
僕はいちごのショートケーキを食べることにしている。
ちなみに姉は桜餅を食べることにしているようで、洋と和のちがいはあるけれど
まぁおなじようなことを考えている、のかもしれない。

昔、買いに行っていたケーキ屋さんには行けないけれど
それでもあんまり凝っていない昔ながらのスポンジのショートケーキ、
ちょこんと上に乗ったいちご。
今年もそんなケーキを食べる、今日。

2011031007

そして、今年の土手にも土筆の子。

去年はまだ工事中だった土手もすっかり新しくなった。
それでもすくすく伸びるつくしんぼ。
父に教わったとおり、土手の下から上を見上げて探すと
いくつもいろんなところに顔を出している。

いつの間にか僕は、僕が2~3歳の頃の父と同じくらいの年齢になっている。
3歳の僕は何を見ていたのかな。
覚えているような覚えていないような、
キャッチボールを教わったのはもうちょっと後だし、
自転車の後ろに載せられて海まで行ったのも、
やっぱりもうちょっと後のような気がしている。

相変わらず独り者なのはなんとも親不孝だなぁと思うけれど、
それはそれとして、とりあえず今年も元気ですごしております。

1枚目:(DP-1)
2枚目:(FM3a+50mm)

|

« 菜の花さくら | トップページ | おたがいに »

コメント

今年も桜餅を買おうと思ったのですが、東京はさっぱり物不足でスーパーに売り物があまりなく「桜どら焼き」が残っていたので食べました。
独り者でも元気に生きていることが親孝行です。

投稿: 姉 | 2011/03/17 08:03

すこしは落ち着きましたでしょうか、首都圏は。
やっぱり、ふだんにちょっとずつ備蓄しておかないと、と
思ったですよ。(少しはしてありますけれど)


みんなが元気で暮らしていけるためには
独りでいきがっていてはだめだと思うには思うのです。
さて(笑)。

投稿: なおつぐ^^ | 2011/03/20 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66547/51129799

この記事へのトラックバック一覧です: 父 ~6~:

« 菜の花さくら | トップページ | おたがいに »