« 陽が沈むころに | トップページ | 木漏れ日のなかに »

1993・冬

1993k2
   Canao AF35ML(autoboy super)にて

六甲アイランド・AOIAから見た夕焼け。

この1枚を超えたいと思いながらも
この時の「想い」は越えることはないのかも、とも思う。
そんな1枚。

|

« 陽が沈むころに | トップページ | 木漏れ日のなかに »

コメント

空の色とシルエットがいい感じで共演していますね。
少し寂しげに感じるけど、なんか心惹かれます。

投稿: りこたん | 2005/09/11 20:48

夜な夜なスキャンにはまってます^^。

>りこたんさん
たぶん、これが「夕焼け」を意識して撮った初めの1枚。
そして僕のなかでは一番綺麗だった夕焼け。
昔のネガ、見てるといろいろ思い出します。

明治村、いつ行きますか^^。
すっかり行く気、まんまん(笑)。

投稿: なおつぐ^^ | 2005/09/11 23:47

おっ!明治村行きましょう。
いつごろがいいですか?もう少し涼しくなってから、秋の明治村を一緒に撮影しましょう!!
きっと楽しいよ~。

投稿: りこたん | 2005/09/14 21:29

そうですね、まだ暑いですから。
昨日・今日と夏日でした。
すっかり腕だけ日焼けです^^。

>きっと楽しいよ~。
OH!Yes!!楽しみ×∞^^。
土曜休みが多いです>私
でも、日曜はほとんどお仕事^^。
あとは平日休みの職場です。
行けるかな?
いや、行く(笑)!

投稿: なおつぐ^^ | 2005/09/14 23:19

私も日曜日より平日のほうが休みやすいですので、きっと行けますよ!
本気で行く気になってますからね、私。
絶対いきましょう(^▽^)v

投稿: りこたん | 2005/09/16 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66547/5875165

この記事へのトラックバック一覧です: 1993・冬:

« 陽が沈むころに | トップページ | 木漏れ日のなかに »